ディオール メンズ 2019年夏コレクション – キム・ジョーンズの手で蘇るメゾンの銘品

ディオール オム(DIOR HOMME)が、ブランド名を改め、ウィメンズラインとともにディオール(DIOR)として生まれ変わる。そのスタートとなった今回の2019年夏メンズコレクションは、キム・ジョーンズ就任後初のシーズンである。

KAWSによる巨大オブジェが来場者を迎える

今季の招待状には、ブランドのアイコニックな“ビー”モチーフが描かれていた。しかしいつもと違って目が“バツ”マーク。彼の作品の登場を、ほんのり予感させていた。

いざ会場に入ると、招待状と同じく目が“バツ”マークの巨大なオブジェが来場者を迎える。これは想像通り、現代アーティストとして世界に名を轟かしつつあるカウズ(KAWS)の作品。ピオニーやローズの花などでできた高さ10メートルの巨大オブジェは、キム・ジョーンズの大舞台のため“ムッシュ ディオール”を表現して制作したものだ。

ディオールの歴史を踏襲した初シーズン

オートクチュールのブランドとしてスタートしたディオール。だからこそキムは今季、そのオートクチュールの解釈を自身のコレクションに取り入れた。小さなフェザーはクチュールライクな技法によって、シースルーのシャツにあしらわれ、さらには二重構造のPVC素材の間に繊細な花の模様を作った。また、ディオールがルーツとする18世紀のスタイルに影響を受け、西洋更紗“トワル ド ジュイ”は、シルクオーガンジーを重ねた精緻な刺繍、あるいは柔らかなレザーにエンボス加工で繊細かつ表情豊かに落とし込んだ。

黒と白の二面性を見せたフラワーモチーフはムッシュ・ディオールの使用していたティーセットの柄がインスピレーション。アイコニックな“ビー”モチーフは、今季らしくカウズの手によってプレイフルに解釈された。そのほか、「レディ ディオール」をはじめとする多くのアイテムに施されてきた格子柄「カナージュ」、マルク・ボアン時代よりアイコニックな存在であり続けたオブリーク柄など、ディオールの歴史を語る上で欠かせないデザインが続々と現れる。

メゾンの長い歴史の中で登場してきた数々の銘品は、キムなりの解釈を踏まえて蘇らせている。例えばこれまでウィメンズで提案してきた「サドル」バッグは、キャップのツバ部分などにもデザインが派生し、象徴的なカーブのシルエットが用いられた。もちろん、バッグも登場していて、小さなボディタイプから、クラッチ、ミニリュック、ショルダータイプなど充実すぎるラインナップだ。

そして、ブランドのアイデンティティともいえるスーツは、キムの手によってこれまでになく肩がなだらかなフォルムへとシフトされている。アシンメトリーな前合わせは、これまでに例がなく、新しい歴史の1ページとなった。

メゾンを代表するカラー“気持ちを晴れやかにする色”

カラーパレットもまたディオールの歴史を踏襲したセレクト。クリスチャン・ディオールが幼少期を過ごした場所、グランヴィルはいつも空が曇っていて、そのどんよりした気候の中でも晴れやかな気持ちでいられるようにと外壁をピンクにしていたという。そんな理由で、メゾンを象徴するカラーのひとつとしてピンクとグレーが挙げられるのだが、今季はその2色に、目の覚めるようなイエローと爽やかなブルーを加え軽やかな色味で構成している。

アンブッシュのYOONがアクセサリーデザイナーに就任

今季は、キム・ジョーンズとともに数人のクリエイターたちが、新生ディオールを盛り上げた。ジュエリーデザイナーとして、アンブッシュ(AMBUSH)のYOONが就任。さらに、帽子はスティーブン・ジョーンズ(Stephen Jones)、“CD”ロゴを配したベルトはアリクス(ALYX)のマシュー・ウィリアムス(Matthew Williams)が手掛けている。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/40782

プーマとMCMがコラボコレクションを発表! MCMのモノグラムに包まれたシューズとアパレル

プーマ(PUMA)は、ブランドを象徴するシューズ「スウェード」の50周年を記念し、エムシーエム(MCM)とコラボレーションした「PUMA×MCM」コレクションを5月24日から発売する。


プーマのスウェードは、1968年のメキシコ大会で誕生し、その後ニューヨークでバスケットボールシューズとして全盛期を迎えた不朽の名作。トレーニングシューズとして生まれ、バスケットボールコートやストリートで活躍したスウェードは、80年代のMCから現在のヘッズまで、多くの称賛を浴びてきた。一方、1976年に誕生したVisetosキャンバスは当時のジェットセッターから現在のノマドに至るまで、ファッションと創造性のシンボルであり続けている。いずれもヒップホップカルチャーの象徴であり、ストリートの正統派とでも言うべき究極のアイコンだ。

本コレクションは、MCMが現代のラグジュアリーの視点を通し、スウェードのヘリテージを解釈して生み出した、シューズとアパレルで構成される限定コレクション。両ブランドにとってミュージックシーンとの初めての接点となったヒップホップの黎明期に敬意を表し、当時のDIY精神から繋がり、クラシックでありながらも新鮮、そしてもちろんモノグラムに包まれたアイテムが誕生した。


今回登場する、イタリア製の50周年モデルの「スウェード」は、質感とディテールに焦点を当てクラシックスタイルを再構築。アッパーにはエレガントで耐久性のあるVisetosキャンバスが使用されているが、実はこのシューズ用に特別に開発された、通気性と快適性が高められたものが使用されている。シュータンに輝く鏡面のように磨かれた真鍮のプレートには、MCMのロゴとシリアルナンバーが刻印されており、これは通常はMCMのハンドバッグのみに施される仕様。シューズには、エッジがカラーリングされたレザーと、メタルチップが付いた2種類のシューレースが付属。同様にシューズボックスも特別仕様で、キャンバス素材のシューズボックスにMCMロゴが漆塗り加工され、50周年ロゴがフォイル加工されている。包み紙も特別仕様で、スウェードのアウトソールのパターンをプリント。クラシックコニャックという名の伝統的なブラウンカラーとホワイトの2色が登場する。


アパレルもヒップホップカルチャーへのオマージュ。クラシックなスタイルの「プーマ T7トラックジャケット」(3万5,000円)と「プーマ T7トラックパンツ」はサイドの横幅7cmのテープが特徴的で、ストリートらしい洗練されたデザイン。今回は、Visetosパターンが刺繍されたナイロン素材のサイドパネルが使用され、ジャケットの背面にはMCMのロゴを全面に大きく表現。セットアップで着用するとクラシックなルーズフィットのスタイルが完成する。

転載サイト:https://www.fashion-headline.com/article/19558

シャネル秋冬コレクション

シャネル(CHANEL)が、2015-16年秋冬コレクションをパリで発表した。舞台となったグラン パレには、バーカウンターやテーブルが設置され、パリのブラッスリーをイメージ。街の一角を切り取ったようなランウェイで、フレンチシックなワードローブが披露された。

お馴染みのツードが主役を飾り、千鳥格子やグレンチェック、ビジューなどと組み合わせられて、シャネルのアイコニックなスタイルを現代によみがえらせた。ペンシルスカートやコートドレス、“バーサカラー”と呼ばれる、大振りな襟付きジャケットを中心としたフェミニンなスタイルが続く。一方で、ダウンを想起させる凹凸感ある装飾や、スリーピーススーツ風に仕上げたドレスのスタイリングなどが、クラシックを現代に甦らせ、活き活きとした表情を差し込んでいく。

カフェのギャルソンを想起させるエプロンスタイルが、今季のコンセプトをダイレクトに伝える。デニムやレザーのパンツ、ブラックのジャケットに、折り畳んだナプキンを重ねたようなエプロンやツイード地のエプロン、さらにグログランベルトを合わせたルックが登場。モノトーンワンピースに蝶ネクタイを飾った、キュートな着こなしは、観る者の心を掴んで離さない。

装いもさることながら、遊び心溢れる小物も充実のラインナップ。スクエアヒールのバックストラップシューズやロゴマーク入りの細いベルト、ヴィンテージ風のメダリオンが付いたネックレス、さらに新作バッグを交えて、コレクションを構成している。

カール・ラガーフェルドが“ニュー ブルジョワ”と呼ぶモデルたちが、現代的なエレガンスを届けてくれた今シーズン。ベースに流れているのは、クラシックなム―ドだが、マスキュリンなエッセンスやモダンな装飾を溶け込ませ、独自のアンドロジナスな世界観を構築しているコレクションだった。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/15899

ミュウミュウのレイヤード美学【2018春夏ウィメンズ】



ミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)によるミュウミュウ(MIU MIU)は、パリのイエナ宮(経済社会環境会議場)で、2018年春夏ウィメンズコレクションショーを開催した。ロックが鳴り響く中、60年代を彷彿とさせるアメリカンレトロな雰囲気のモデルが登場。

ただ、一見レトロであるだけで、ジャケットやノースリーブのシャツはオーバーサイズでモダンな仕上がり。ジャケットにはボタンで脱着可能な布帛の付け衿が、シャツにはかすれた色合いのレザーの付け衿が付く。合わせられたのが、ワンタックのショーツや、ゆったりしたシルエットのクロップドパンツ。レースのシースルーブラウスや、ナイロンのシースルーブラウスにはタンクトップをインナーに合わせて抑制された透け感を演出。

レイヤードも特徴的で、シャツとニットの上からレースのシースルードレスを重ねたり、レトロなチェックのシャツにはレースのシースルーのドレスを合わせ、さらにかすれた色合いのレザーのコートを重ねている。まるでビニール製テーブルクロスのようなモチーフのレザーコートも目を引いた。

ギピュールレースのドレス、インナーのチェックを浮き出たせるかのようなモスリンのシースルードレス、あるいはフローラルプリントのシースルードレスにもインナーにタンクトップをコーディネート。反対にナイロンのシースルーシャツには刺繍を施したノースリーブドレスを合わせるが、依然として透け感は抑制されている。セクシーに装うためのシースルーでは決してなく、自分のために透ける服を着用する、そんな強い意志を感じさせる。しかし、それがミュウミュウらしさでもあるのだ。

転載サイト:https://www.fashion-headline.com/article/17584

エルメス 2015年春夏メンズコレクション – ユニークな模様遊び、スポーティーな風吹く都会スタイル

エルメス(HERMÈS)が、2015年春夏メンズコレクションを発表した。スポーティーでありながら、あくまで都会的、気負いのないノンシャランな雰囲気がムード。一見シンプルでベーシックに見えるアイテムが揃うが、随所に遊び心を忍ばせていた。

 

まず目に留まるのは、豊かなプリントの数々。アーティスティックでコンテンポラリーな抽象柄とトラディショナルな柄を組み合わせ、そこから生まれる現代的なエネルギーを表現した。2つの色を重ね、ときににじませ、ラインのアクセントを加えたものは、ひびの入った大理石のようにも見える。そのほか、直線的なデジタル柄や、親しみのあるボタニカル柄まで揃う。

一方で、色遊びのユニークさも今季のキー。全体をチョークホワイトからベージュ、ブルーグレーやダークグリーンといった、ワントーンでまとめつつ、鮮やかなオレンジのジャケットやニットが、コレクション全体にエネルギーを加え、ピンクやブルーなどのスカーフが、首元にほどよい彩りを添えていく。後半に登場したくすんだイエローは、パワーと気品を兼ね備え、今シーズンの特徴を物語っているよう。

全体を通して、軽さが失われないのは、スリッポンスニーカーを積極的に取り入れたから。ストラップ使いが美しいフラットサンダルは、さらに爽やかな風を吹き込んでいく。このような足元でカジュアルダウンさせるテクニックは、都会的な男性に相応しい。また、ジップ付きのジャケットやハーフパンツ、フーディーなどの快活なアイテムが、フレッシュな雰囲気を盛り上げた。

リラックスしたシルエットやポップな色使い、エルメスらしい多彩なプリントが並んだ、今シーズン。カラーグラデーションを揃えることで、品よくまとまり、よりメゾンの品格が引き立ったコレクションとなった。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/16227