ワイドパンツの秋冬レディースコーデ – デニム・柄などおすすめブランドのタイプ別着こなし

ワイドパンツは、どのようなテイストのファッションにも重宝する、現代の必携アイテム。ストリートテイスト、ボーイッシュ、エレガント、モード……アイテムの組み合わせで様々な雰囲気を演出することができる。2018-19年秋冬コレクションのランウェイ上にも様々なワイドパンツのコーディネートが登場した。

本記事では、ワイドパンツのバリエーションごとに、人気ブランドのコーディネートを分類。秋冬を迎えるにあたり着こなしの参考にしたい、ワイドパンツのおすすめルックを紹介する。

存在感抜群のスポーツ&ストリートテイスト

〈Y-3〉

Y-3(ワイスリー)からは、アディダスのスリーストライプスをブラックで配した真っ白なワイドパンツが登場。たっぷりとしたボリュームをとって作られた、緩やかなドレープ感が魅力。同じくゆったりとしたホワイトのトップスと合わせ、スポーティーながらもリラックスしたモードスタイルとなっている。

〈バーバリー〉

バーバリー(BURBERRY)の鮮やかなオレンジのジャージパンツも活動的な1着。スウェットとのセットアップにトレンチコートを羽織った、意外性のあるコーディネートが目を引く。シューズも端正なバーバリー・チェックのローファーをセレクトし、ラフさとエレガントさの対比を描くことでストリート感を強めている。

〈MSGM〉

MSGM(エムエスジーエム)は、ストレートでダイナミックなスタイルを提案。レッドのトラックパンツに、大胆なロゴ使いのストールを合わせ、インパクトのある着こなしに仕上げている。また、ストラップパンプスを履くことでグラマラスなアクセントをプラスする。

〈マルニ〉

はっきりとした色彩でアーティスティックな佇まいを見せるのはマルニ(MARNI)。裾にかけて大きく広がるライトグリーンのパンツに、同様に裾に向けて広がっていくAラインのトップスをレイヤード。オレンジ、パープル、グリーンと、ポップなカラーリングでアクティブな雰囲気を演出する。

from https://www.fashion-press.net/news/42524