リリー ブラウン新作、ヴィンテージ風フラワー刺繍トップスやコットンレースワンピース

リリー ブラウン(Lily Brown)の2019年秋冬コレクションから、新作ウェアが登場。2019年9月より順次販売される。


ジャガードロングスカート 13,200円+税 9月下旬

リリー ブラウンの2019年秋冬コレクションのテーマは「ニュー ブルジョワジー(NEW Bourgeoisie)」。高貴さと自由な精神を持ち合わせたフランスのブルジョワジーを再解釈したアイテムを展開していく。

「ジャガードロングスカート」は、ジャカード織りを用いて、エレガントな柄を施したタイトスカート。シンプルなトップスと合わせたい、存在感溢れる一着に仕上がっている。ウエストのバックにファスナーを配しているため、着脱しやすいのも嬉しい。


フラワー刺繍トップス 8,800円+税 9月上旬

「フラワー刺繍トップス」は、透け感のあるチュールレースに、オリジナルのフラワー刺繍を施したもの。襟ぐりのサテンテープや、フロントにあしらったボタンが、ヴィンテージなムードを演出している。


コットン刺繍ロングワンピース 18,000円+税 9月中旬予定

ヴィンテージ風に仕上げたコットンレースが主役の「コットン刺繍ロングワンピース」は、ウエストから裾に向かってボリュームを持たせることで、より一層フェミニンなシルエットに。スタンドカラーがクラシカルな雰囲気をもたらしている。フロントのボタンを外せば、ガウンとしても着こなすことができる。

なおリリー ブラウンの2019年秋冬シーズンビジュアル&ムービーには、2015年秋冬のパリコレクションでランウェイデビューし、アイコニックなピンクヘアで注目を集めたモデル、フェルナンダ・リーが起用されている。

from https://www.fashion-press.net/news/52227