ジョン ローレンス サリバンの新作デニム – ハードなブリーチ加工のジャケットやパンツ

ジョン ローレンス サリバン(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)より、2019年春夏のウィメンズ&メンズの新作デニムアイテムを紹介。

 
ZIPPED JEAN JACKET 56,000円〈ウィメンズ・メンズ〉

1970年代末から80年代までにかけて盛んなポストパンクとニューウェーブのスタイルを投影した今季のコレクション。ウィメンズ・メンズともに、ハードなブリーチ加工を施したデニム地を採用し、エッジの効いたウェアに仕上げている。

肩や裾にジップをあしらったデニムジャケットは、袖を取り外してノースリーブジャケットとして着たり、裾を垂らすようにして着用したりすることができる。動きのあるスタイリングを楽しめる1着だ。

 
JEAN JACKET 39,000円〈ウィメンズ〉

袖にタックを施したウィメンズジャケットは、緩やかなラインを描くボリューム感が魅力。脇にはアジャストがあしらわれているため、小さく設定してブラウジングすることができる。

 
5POCKET JEANS 34,000円〈ウィメンズ〉、TWISTED JEANS 38,000円〈メンズ〉

パンツは、ウィメンズもメンズもタイトなシルエットが印象的。メンズは、サイドの切り替えをツイストさせ、曲がりながらフロントにステッチが見えるユニークなパターンで仕立てられている。同様のパターンで仕立てられた、ショートパンツも展開する。

from https://www.fashion-press.net/news/47550