コム デ ギャルソン・オムプリュス 2019年春夏コレクション – ストリートに対抗する“クレイジースーツ

コム デ ギャルソン・オム プリュス(COMME des GARÇONS HOMME PLUS)の2019年春夏コレクションが、2018年6月22日(金)にフランス・パリで発表された。

ストリートに対抗するテーラードの提案

テーマは「クレイジースーツ」。ストリートの流れが大きくなる昨今、川久保玲があえて提唱したのはテーラードだった。ジャケットとスラックスでつくるフォーマルスタイルを、今季の構想のもとにしている。しかし、コム デ ギャルソン・オム プリュスのフィルターを通すのだから、真っ当なわけがない。

モデルたちが身につけるスーツの中、最も象徴的だったのは、身頃全体にギャザーを寄せ集めたデザイン。インダストリアルな素材を掻き混ぜつつ、既成概念を取り壊した。そして、ギザギザしたオーガンザを羽のように、小さな花びらを幾枚もかき集めたようなもの、タコの足のように短冊状に切り取られたテキスタイルをレイヤードしたものなど、あげればきりがない程にスーツのこれまでのあり方を考えると“おかしな”部分が多いのだ。

男性のステイタスであるスーツなのに、フェミニンな要素も重要。レイヤードしたメッシュ素材には、花の刺繍を巡らせた。さらに、ネイビーの総レースには数字を散りばめて、さらにジャケットからボトムスまで全体にギャザーを寄せている。一方で、ポップなマルチボーダーやカラフルなチェック柄、ボタニカルなジャカードなど楽しいラインナップも揃った。

ツーピースだけが奇想天外なわけではなくて、インナーに着るシャツもフロントの一部が半円状に解体されているなどのクレイジーパターン。シースルーやキュプラなどで、素材にも一癖加えた。また、装飾としてスーツにプラスしたアクセサリーが最もアバンギャルドで、さびかけた鎖に動物の口が大小様々にあしらわれている。

それを着るモデルたちは皆、ピシッと決めきっているのだが、髪の毛はカツラだしどこかちぐはぐ。でも、身につけるのは、素材、パターン、ディテールすべてがクレイジーなスーツだから、むしろクレイジーな男性の方が着こなせるわけで、彼らにはぴったりなのだ。

from https://www.fashion-press.net/news/40820