マーク ゴンザレス×ボンジュールレコード、ロゴやキャラクターデザインのTシャツや サコッシュなど

マーク ゴンザレス(MARK GONZALES)とボンジュールレコード(bonjour records)のコラボレーションアイテムが登場。2019年2月8日(金)よりボンジュールレコード代官山店、ルミネ新宿店、福岡パルコ店にて発売される。

これまでアトモス ラボ(ATMOS LAB)やディッキーズ(Dickies)とコラボレーションをしてきたマーク ゴンザレスが今回タッグを組むのは、ジャンルや国籍を問わず様々なグッズを取り扱うセレクトショップ・ボンジュールレコード。コラボレーションアイテムは、“ミュージック”を想起させるアートを中心にデザインされた。


ロングスリーブTシャツ 9,800円+税

ラインナップされるのはTシャツやサコッシュ、スリップマット、マグカップといったグッズたち。いずれもホワイト、ブラック、ブルーといったシンプルなカラーを基調に、アイコニックなロゴやキャラクターがあしらわれた。


ショートスリーブTシャツ 6,800円+税

Tシャツはショートスリーブとロングスリーブの2タイプでの展開。手書き風のキャラクターがセンターに大胆に配置されたデザインのこちらのショートスリーブTシャツは、ユニークながらどこかアーティスティックな雰囲気も漂わせる一着。ボンジュールレコードとの公式ロゴと同色の、ブルーとホワイトのカラーコンビネーションもポイントだ。

from

https://www.fashion-press.net/news/46543

COS“白シャツ”のカプセルコレクション、シンプルかつスタンダードなメンズ&ウィメンズ全8型

COS(コス)より“白シャツ”のカプセルコレクション「ホワイト シャツ プロジェクト(WHITE SHIRT PROJECT)」が登場。2019年2月25日(月)よりCOS各店舗にて発売される。

 

「ホワイト シャツ プロジェクト」では、メンズ、ウィメンズ計8タイプの“白シャツ”を展開。ファッションアイテムの中でも深い歴史を持つアイテムを、3Dドレーピング技術を用いて再構築した。

いずれのタイプもタイムレスに長く着られるよう、シルエットはシンプルかつスタンダードに設計。上質なテーラリングにエフォートレスなスタイルを掛け合わせ、伝統的でありながらモダンな雰囲気に仕上げた。

素材にはコットンポプリンやシアサッカーの生地を用い、各々のタイプで異なった表情を演出。様々なシーンで着ることの出来る上質で個性豊かな“白シャツ”となっている。

from

https://www.fashion-press.net/news/47309

ハフ×『ポパイ』ポパイたち融合したロゴTシャツやウィンピー&ハンバーガー総柄シャツなど

ハフ(HUF)から、『ポパイ(POPEYE)』90年を記念したコラボレーションアイテムが登場。2019年3月9日(土)より、ハフ フラッグシップ ストアなどで発売される。

今回のコラボレーションでは、『ポパイ』のオリジナルイラストに、ハフのロゴを融合させた。水兵・ポパイはもちろん、彼女のオリーブ、ハンバーガー中毒のウィンピーたちも登場する。

 
POPEYE TRENCH JACKET 25,800円+税

アイテムは、ヴィンテージのミリタリールックから影響を受けたトレンチジャケットや、ミントカラーにウィンピーとハンバーガーを配した総柄シャツ、スケートボードに乗ったポパイのモノクロフーディなど。


POPEYE SPINACH TT S/S TEE(NAVY) 6,000円+税

また、ポパイやオリーブを描いたTシャツが多数ラインナップするほか、それらと一緒に合わせたいハットやソックスなども用意。缶オープナーキーチェーンや、アイテムに使用されたグラフィックのステッカーセットといったユニークなアイテムも見逃せない。

from

https://www.fashion-press.net/news/47821

タカヒロミヤシタザソロイスト.の伊勢丹新宿メンズ館限定Tシャツ、アイコンロゴをアレンジした1着

タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.)の限定Tシャツ「I AM THE SCIENTIST. tee.」が登場。タカヒロミヤシタザソロイスト. 伊勢丹新宿メンズ館の店舗限定で、2019年3月16日(土)より発売される。


14,900円+税

今回登場する限定Tシャツはショートスリーブとロングスリーブの2タイプ。各タイプともブラックとホワイトの2色で展開される。


17,900円+税

伊勢丹新宿メンズ館のリモデルオープンを記念して作成したTシャツには、“I AM THE SCIENTIST.”のロゴをフロントに配置。ブランドを象徴する“I AM THE SOLOIST.”のセンテンスにアレンジを加え、スペシャルな一着に仕上げた。

また、各タイプのスリーブにはブランドネームをプリント。シンプルなレタリングが映えるアイコニックなデザインとなっている。

from https://www.fashion-press.net/news/48073

ア ベイシング エイプ×ドラゴンボール+アラレちゃん、2タイプのTシャツが発売

ア ベイシング エイプ(A BATHING APE)と「Dr.スランプ アラレちゃん」、「ドラゴンボール」がコラボレーション。2016年11月1日(火)より、BAPEXCLUSIVE 青山、京都、BAPE STORE DSMG、オンラインストアにて発売される。


©鳥山明/集英社・東映アニメーション
©バードスタジオ/集英社・東映アニメーション

鳥山明原作のテレビアニメ「Dr.スランプ アラレちゃん」が放送開始から35周年、テレビアニメ「ドラゴンボール」が放送開始から30周年という両作品のアニバーサリーイヤーを記念して、ア ベイシング エイプとのコラボレーションが実現。作品の主人公アラレちゃんと孫悟空をベイプ(BAPE)のマスコットキャラクター「ベイビーマイロ」の世界観で表現する。


©鳥山明/集英社・東映アニメーション
©バードスタジオ/集英社・東映アニメーション

展開されるアイテムは2タイプのTシャツ。1つ目は、孫悟空とアラレちゃんが仲良く並んで立っているデザイン。2つ目は、筋斗雲(きんとうん)の上に、孫悟空とアラレちゃん、そしてベイビーマイロがあしらわれたもの。どちらもポップにキャラクターが描かれており、カジュアルに着こなすことができそうだ。

from  https://www.fashion-press.net/news/26884

ミー イッセイ ミヤケより “FORM”をテーマにした新作、ストレッチプリーツのトップスなど

ミー イッセイ ミヤケ(me ISSEY MIYAKE)は12月の新作アイテムを発売。2015年12月1日(火)より順次、全国のme ISSEY MIYAKEショップにて展開する。

2016年春夏のシーズンテーマは「FORM」。人間が作り出した造形と自然が生み出したかたちを組み合わせ、洋服を身に纏う美しさと楽しさを表現する。

カラフルなストライプのトップスは冬をイメージした色の組み合わせに。寒色だけでなく暖色も織りまぜて、冬の景色を多彩に演出。また、ニットやストールはランダムに角が生えたようなデザイン。撚りが異なる糸を交互に編むことで完成させられたユニークな表情を見せる。

ストレッチプリーツを用いたトップスやカーディガンもラインナップ。落ち着きあるブルーのグラフィカルなプリントには、氷上のシロクマが顔を覗かせている。

from https://www.fashion-press.net/news/20274

組曲×丸山敬太、カプセルコレクション「リトゥム クミキョク」 – 花柄パンツやボーダートップス

組曲(KUMIKYOKU)から、ケイタ マルヤマ(KEITA MARUYAMA)のデザイナー・丸山敬太を起用したカプセルコレクション「リトゥム クミキョク(Rythme KUMIKYOKU)」が登場。2016年9月21日(水)より阪急うめだ本店、JR名古屋タカシマヤ、伊勢丹新宿本店にて順次発売される。

 

組曲は“進化する定番”をコンセプトにカジュアルブランドとして1992年秋にデビュー。25周年を記念して「リトゥム クミキョク」が生まれた。デザイナーは新たなモードエレガントを提案している丸山敬太を迎え、フレンチテイストを反映したベーシックを提案する。

2016年秋冬シーズンは“パリ”をテーマに、フラワープリントのワンピースやパンツ、プレッピーなジャケットを中心に展開。また、ボーダーのトップスなどデイリーに秋のレイヤードを楽しめるアイテムが揃う。

from https://www.fashion-press.net/news/26016

プチバトー×オペラ座エトワール、バレリーナのワードローブをイメージした”自由で優雅”なトップスなど


©MATTHEW BROOKES

プチバトー(PETIT BATEAU)は、パリ・オペラ座バレエ団のエトワール、マリ=アニエス・ジロ(Marie-Agnes Gillot)とコラボレーションしたベビー、キッズ、レディースのコレクションを、2017年11月3日(金)より展開する。

パリ・オペラ座バレエ団最高位のダンサーであり、振付師でもあるマリ=アニエス・ジロが、プチバトーのアイコニックなアイテムを生まれ変わらせた。バレリーナのワードローブをベースとした、思わず踊りたくなるような動きやすく自由なデザインが特徴的。

 
左から) マリニエールプルオーバー XXS~M 13,000円+税
オールインワン&レッグウォーマーセット XXS~M 10,000円+税

ジャージー素材のマリニエールボーダーは、一見ゆったりとしたプルオーバーに見えるが、背面が深く開いていて、レオタードを着たバレリーナの後姿を彷彿とさせるシルエットになっている。また、オールインワン&レッグウォーマーセットは、オールインワンにショルダー&レッグウォーマーというバレリーナならではのスタイリング。バレエレッスンの練習着のように動きやすく、更に着心地も考えられたアイテムだ。

他にも、キッズラインのアイテムには、自身の初舞台の衣装からインスピレーションされたチュチュワンピースや、3歳になる息子のことを考えながらデザインしたコンビネゾンなど、”エトワール”としてだけではなく、「1人の母親」「1人のバレリーナ」としての彼女の想いまで詰め込んだコレクションとなっている。

from https://www.fashion-press.net/news/32903

132 5. ISSEY MIYAKE18年秋冬新作、ボリューミーなジャケット&ギャザートップス

三宅一生とリアリティ・ラボ(REALITY LAB.)チームが手掛ける「132 5. ISSEY MIYAKE」から、2018年秋冬シーズンの新作が登場。2018年9月1日(土)より発売される。

 
左)FLAT PUFF ジャケット 80,000円、GATHER TAFFETA パンツ 53,000円
右)FLAT PUFF ワンピース 75,000円

シーズンテーマは「MODERN PRIMITIVE」。布を身体に巻き付けるように衣服を制作する、という原始的な方法を用いながらも、現代の生活に沿った機能的なスタイリングを提案する。

9月の新作には、コートやジャケットといったアウター類から、ワンピース、トップス、スカート、パンツなど幅広いアイテムをラインナップ。

ウールとポリエステルの生地に中綿を入れた「FLAT PUFF」シリーズでは、ボリューミーなフォルムのジャケットや、ダイナミックなシルエットが印象的なワンピースを展開。

 
左)GATHER TAFFETA トップ 40,000円
右)GATHER TAFFETA スカート 50,000円

ギャザーを寄せたり伸ばしたりし、着丈やシルエットを自分好みに変えることができる「GATHER TAFFETA」シリーズには、パンツやトップスを用意する。

 
左)TW DRAPE ワンピース 72,000円
右)TW DRAPE コート 95,000円

柔らかく、落ち感のあるウール混のポリエステルをテキスタイルに採用した「TW DRAPE」シリーズのコートやドレスは、身体を包み込むようなデザインが美しい。ベルトを結ぶとギャザーとドレープが生まれ、より一層優雅なシルエットを楽しむことができる

from https://www.fashion-press.net/news/42157

エスカーダ 2016年春夏コレクション – 荒川静香が花柄のパンツルック&モノトーンドレスで登場

エスカーダ(ESCADA)の2016年春夏コレクションが、2015年12月4日(金)、東京・六本木のグランドハイアット東京で発表された。

 

ファーストルックを飾ったのは、トリノオリンピック金メダリストの荒川静香。涼しげなライトブルーの地に、色鮮やかな花模様を描いたパンツルックで登場した。

今季のエスカーダは、心躍るような軽やかさがある。ピンクやイエロー、ブルーといった春らしいカラーで彩り、肌に溶け込むような薄い素材を選んでいる。ハリ感のあるノーカラーコートは大胆なカッティングを施し、シャツワンピースは丸みを持たせて、シルエットでも軽快さにアプローチ。ローエッジ仕立てのショートパンツや、スカーフを巻き付けたようなベアトップといったウェアも軽快さに加速をかける。

 

 また今季は、マスキュリンなディテールを加えているのもポイント。ジャケットは、かっちりとしたスクエアショルダーに設計されているし、ブラウスはメタリックカラーのボタンを配してミリタリー調に仕上げている。ブラウスやノースリーブトップスと組み合わせた、パンツスタイルも目に留まった。

フィナーレにかけてはドレスルックに。ボタニカルプリントやパキッとしたカラーリングなど、今シーズンを象徴する要素を取り入れ、様々な形のドレスを提案。スリットを配したエレガントなものから、キャミタイプやベアタイプといったフェミニンなもの、ギャザーを配してふわりとした広がりを持たせたものまで多種多様に揃った。ラストは、モノトーンのドレスを纏った荒川静香が飾る。湧き上がる拍手と共にショーは幕を閉じた。

from  https://www.fashion-press.net/news/20475