定番人気の柔らかな素材で着心地の良いバレンシアガ 偽物

ブランド 通販 激安http://www.keevoo.com/といえば、大日本帝国も有名なアメリカのブランドです。バッグや財布、上着など人気のあります。そないなバレンシアガ コピーのアイテムの中でも、今回おすすめしたいのはTシャツだ。Tシャツはきちんとした体型にしても、スリムな細身のTシャツを着ることができる。タイトな服を着ていても、快適なファッションTシャツを楽しむことができます。

スポーティな雰囲気もありながら、光沢感のある素材で高級感のあるバレンシアガ コピーTシャツ。こういったネイビー系は落ち着いた大人の男性を演出するには最高なカラーだ。スラックスなどと合わせてキレイめに着こなしても良いやし、デニムなどと合わせてカジュアルに着こなしても素敵。スウェットパンツなどと合わせてラフな休日コーデにも使えるおしゃれアイテムだ。

ウチは一見シンプルなバレンシアガ 偽物に見えますよね。なのですけどアンタ、実は異素材が組み合わせられているスタイリッシュなTシャツや!同じホワイトでも素材が違うものが組み合わさるだけでよりおしゃれに。ホワイトだと清潔感も抜群で、コーデにも軽さがプラスされるのでおすすめ。爽やですか雰囲気に、大人の色気がプラスされてよりカッコ良く見え違うかもしれません!

創新が挑んだのアルマーニ ジャケット コピーは新しいデザイン!

2018年秋冬パリコレクションアルマーニ コピーは自分の世界を守りながらも、トキメキのあるコレクションを発表しています。今シーズンは量感たっぷりのニューバランスで作る“ジェンダーの融合”に挑みました。 どす黒いアイシャドウにメンズライクなヘアースタイル。アルマーニとバレンシアガ。コレクションをリードする2つのビッグブランドが挑んだのは新しいデザイン。アルマーニジャケットコピーのデザインをいかにエレガントに、かつシャープに収めるか‥がポイントです。

ファーストルックは白シャツにベルベットのタキシードジャケット、量感あるアニマルプリントのパンツが登場しました。シャープなのにフェミニンです。ユニフォームような胸のエンブレムが清潔感を漂わせます。白いパイピングのネイビーアルマーニ 通販ジャケット、Vネックのベストもたっぷりとタックをとったパンツと合わせています。コートやニットに使われているビロードタッチのアニマル素材はすべてフェイクです。コクーン袖のコートやブルゾンも量感を出しながら女っぽさを強調しています。羽のチョーカー、透け感のあるタトゥ柄のボディースや手袋でエレガンスを引き立てます。グリンが気になる色です。

直線的な肩に角ばった袖、ウエストは程よく絞りながらも腰を張らせたスタイルです。コクーン袖のニットやスウェットは先シーズン、デムナが自身のブランド、ヴェットモンで出したバランスです。バレンシアガでは、これがより洗練されました。アルマーニ コピーブランドシャツやパーカー、ライダースなどを重ね着した時の抜けた着こなし、ハートネックもたくさん登場しています。この着こなしはすでに他ブランドにも影響を与えているスタイルです。コクーンシルエット、肩を張り出したブランドジャケットコピー、ヒップを突き出したバスク。バレンシアガのシグネチャーラインをなぞりながら、バイカージャケットやパーカーを加えてモダンに仕上げています。クチュールテイストがぐっと身近に感じます。フロントに布を大きく折りたたむように重ねたスカートをマウンテンブーツと合わせて着てみたい。ストレートラインなのに量感を感じさせる今年らしいアイテムです。

ベイプ×キース・へリング – “犬”のグラフィックを施したMA-1や総柄プリントのパーカーなど

ア ベイシング エイプ(A BATHING APE)と1980年代アメリカの代表的芸術家、キース・へリング(KEITH HARING)のコラボレーションアイテムが、2018年3月24日(土)より全国のア ベイシング エイプ正規取扱店舗にて販売される。


MA-1ジャケット 39,800円+税

コラボレーションアイテムは、MA-1ジャケット、パーカー、シャツ、Tシャツといったウェアから、キャップ、クッション、キーリングといったグッズまでバリエーション豊かに展開。キッズウェアも販売する。


パーカー(メンズ、レディース) 31,800円+税 (キッズ) 20,800円+税

袖にカモフラージュ柄をあしらったMA-1ジャケットは、バックに大胆なグラフィックを施し、袖のサインや胸元のマーク、袖口の犬のイラストとともにキース・へリング流のストリートテイストを演出する。身頃全面にカラフルなグラフィックをプリントした、シャーク付きフードのパーカーや、さりげないカモフラージュと脇部分のプリントがプレーンなデザインに映えるシャツ、ヴィヴィッドなカラーリングのTシャツなど、ポップで躍動感に満ちたアイテムが揃う。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/38419

ストライプ×花柄のコントラストで魅せる、「ハンター」18年春夏新作

英国王室愛用の長靴ブランド「ハンター(HUNTER)」は、「ガーデナーズ ワールド」をテーマに、18年春夏コレクションを発表した。

 ガーデンファンにとって聖地の1つとも言える、英・ロンドン郊外のシシングハーストキャッスル(Sissinghurst Castle)。13世紀に建てられたこのマナーハウスにある、ヴィタ・サックヴィル=ウェストのガーデンからインスパイアを受けて、季節感のあるプリントやシルエットの新作アイテムが登場した。“フォーム・ミーツ・ファンクション”をキーワードに、カジュアルなスタイルでアーバン・ガーデナーのための使いやすさを提案する。

 

注目のフットウェアとアウターウェアは、イギリスの典型的な芝生に置くデッキチェアを想起させる、ストライプのデザイン。プリントで広がる花柄はボタニカルにちなんで、ブロッサム・ペオニー・マリーゴールド・ブルーミスト・ソイルと名付けられ、ポップな要素とまっすぐなストライプとのコントラストを楽しめる。

 フットウェアのキーアイテムは、ガーデニング用に作られた防水加工ラバー製のハンドクラフトスリッポンシューズ「クロッグ」。ブリティッシュ ガーデナークロッグへのオマージュとなっており、レザーとラバーをつかったクラシカルな装いだ。そのほか、オープントゥ サンダルスタイルの新作が2型登場する。アウターウェアはイギリスの予想不可能な夏の天候を考えて、機能性を高めたスタイルを展開。通気性がよく、撥水加工した軽度のコットンスタイルに、ボクサーフィットや短いヘム、カラーブロックの要素を加え、今までのレインウェアとは異なり軽やかな印象を与えるコーディネートになりそうだ。防水加工された軽度のラバー素材も新登場する。

 よりシックでスタイリッシュな「リファインド」コレクションでは、季節をテーマに、個性的な人のための特徴的なガーデナースタイルを提案。自然のままのガーデンとワイルド フラワーからインスパイアされ、絞りがポイントのシルエットに。大人気の「ペニー ローファー」コレクションからは、マット加工のラバー素材だけではなくヒールのクロッグが新登場する。何世紀にもわたってボタニカルな精神を大切にしてきたイギリス人のセンスを感じられる、最新コレクション。ぜひチェックしてみて!

転載サイト:http://www.afpbb.com/articles/modepress/3168124

ジバンシィ 2018-19年秋冬コレクション – 暗闇で引き立つグラマーな魅力

ジバンシィ(Givenchy)の2018-19年秋冬ウィメンズコレクションが、フランス・パリで発表された。テーマは「ナイト ノワール」。

クレア・ワイト・ケラーの2シーズン目となる今季は、ドイツ・ベルリンのドキュメンタリー映画から着想を得ている。80年代のナイトシーンを切り取った作品から、コレクションピースは夜の街に添うダークな仕上がり。

先陣をきって登場したファーストルックはパンチのあるフェイクファーのコート。黒とキャメルをミックスしたセンシュアルな模様を、太いレザーベルトでウエストマークしてシャープに着こなす。続くのは漆黒または深い緑などダークカラーで染め上げたレザーピースで、ジャケットの上に鎧のように纏ったり、フレアなロングスカートと組み合わせりしている。

構築されていくのはグラマーな女性像。しかし、内側の繊細さを具現化するように繊細なドレスピースが現れる。少し圧がかかると壊れてしまいそうなほど繊細なレース。胸元は大胆にカットされ、アシンメトリーに仕上げたスカート部分がひらひらと揺れ動く。スタンドカラーのタイトドレスの布地には、スパンコールが満遍なく散りばめられていて、右往左往動き回るような複雑な模様が刻まれている。

ラストにかけて登場するのは、光沢あるプリーツ地を使って仕上げたドレスルック。首から胸へかけて、またウエストから脚のつけねにかけて、テキスタイルがうねるように揺れ動き、不均衡で複雑なフォルムが完成している。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/37894

エルメス 2017-18年秋冬コレクション – メゾンの新しい物語は豊かな色彩によって綴られる

エルメス(HERMES)は、2017-18年秋冬ウィメンズコレクションをフランス・パリで発表した。

 

色彩が物語の主役を担うかのように、序盤から中盤、そしてラストにかけて変化するキーカラー。ナデージュ・ヴァンへ=シビュルスキーが就任当時から用いている、黒に限りなく近い青色ブルー・ノワールから始まる今季は、赤が交わり、落ち着きのあるアースカラーへバトンを繋ぐと、フィナーレに向けてはパープル・グリーンといった鮮やかなトーンが楽し気に弾けていく。

リズムを付けるように差し込まれたパターンは、メゾンの歴史に通じるもので、60~70年代のシルクスカーフより手のモチーフがピックアップされている。後半に登場した、シルクプリントの鍵模様、サイケデリックなペイズリー柄もまたアーカイブから選出されたものだ。

 

色柄だけでなく、洋服のデザイン・ディテールにもメゾンのコードはしっかりと刻まれた。特に、馬の世界はいきいきとファッションの世界へ舞い降りてきて、乗馬をする際に被るブランケットはコートへ、乗馬シャツのディテールはニットへ、カザックは襟付きブラウスへとモダンに姿を変えている。

デザインのポイントとしては、異素材のミックスが挙げられれる。ムートンにはテクニカル素材を合わせて、止水ファスナーを添えたアクティブなアウターへと変化させた。また、シルク地にはニットアームを滑らかに繋げてトップスへ。高いクラフツマンシップを感じさせる、洗練されたデザインが完成している。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/29413

ディーゼル 18年リゾートコレクション – エネルギッシュなユースカルチャーを彩るウェア

ディーゼル(DIESEL)2018年リゾートコレクションのテーマは”BRAVE ACADEMY”。90年代のスピリットを現代に取り入れたワードローブが展開される。

アーティスティック・ディレクターのニコラ・フォルミケッティ が「ディテールとエレメントに遊びを取り入れ、どう組み合わせるかは自分のやり方で決めてもらう。 クレイジーなスタイリングをする必要はない。服そのものが十分クレイジーだから」と語るように、色や柄、ロゴ、ディテールが個性的ななウェアが並ぶ。


そのラディカルさは、ストリートに集う若者のエネルギッシュなカルチャーが源となっているようだ。メンズ・ウィメンズ共に、英語のロゴをグラフィカルにデザインしたウェアが着こなしの中心。ロゴに用いられたのは、”BRAVE GENERATION”や”ENJOY”といった、前向きで若々しさを感じさせる単語ばかりだ。

燃え上がるエネルギーをそのまま服にしたようなアイテムもにも注目。ファイヤーモチーフをパッチワークしたジャケットの下に同柄のニットを合わせ、キャップにも同柄のものをコーディネートしている。

ウィメンズには、手書き風のアルファベットやスターモチーフを、スパンコールやビーズで施した、デコラティブでエネルギッシュなウェアが登場。そのままパーティに出掛けていけそうな半袖のミニドレスのほか、ジャケット、トップスなどに展開。

また、レースアップのディテールもコレクションによく見られた特徴の一つだ。深いスリットが入ったフーデッドドレスや、ジャケット、Tシャツなどのアイテムにレースアップディテールが取り入れられた。カラーは全てクールなブラックに統一されている。
転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/35975

バレンシアガ 2018年春夏メンズコレクション – お父さんの休日

バレンシアガ(BALENCIAGA)の2018年春夏コレクションが、フランス・パリで発表された。
週末に若い父親が子供たちと公園にやってくる――。普遍的な現代のリアリティに目を向けた今回は、2017-18年秋冬シーズンの際にスポットを当てた働く男性たちの休日を描いている。オフィスから離れた彼らは、とても幸せそうだ。


父の着る服を、しかも長年着古したお気に入りの1着を表現するため、あらゆる手法を駆使している。ジャケットのくたっとした風合いは、裾やライニングに重石を入れることで実現。洗いをかけてシワの入ったのトレンチコートも、色を落として変色させたポロシャツも、故意的な加工で自然におこるリアルな日常を再現している。この着古した様子を見る限り、きっとお気に入りを何回も着てしまう父親なのだろう。
でも、仕事の日はやっぱりきちんとスーツを着ているし、休日にはクリーニングに行って、仕事に備えている。バレンシアガの創造による父親は、家ではリラックスしきっているけど、外ではしっかり決める人。だからこそドライクリーニングにはよく向かうらしい。それを想起させたのは、ナイロン真空パックのようなデニムジャケットやシャツで、きちんとクリーニングタグまで用意している。
こうした日常を切り取った洋服は、父親らしく威厳あるビックサイズに仕立てた。そんな中にも、メゾンのクチュールテクニックは変わらず潜んでいて、360度どの角度から見ても洋服が立体的であることが分かる。例えばパーカーは後ろに穴が開いていて、そこから穴を出すと前後アシンメトリーのシルエットに変わる仕組み。また、シャツ、ダウン、スポーツブルゾンは、パターンの調整によって首元に微量のドレープが感じられる。着古したときにおこる生地の弛みをクチュールテクニックで実現させた。
ゆったりした休日もいいが、アクティブな休日もいい。子供たちと一緒にアウトドアに出かけられるように、ボトムスには、3段階に切り離しが出来るモジュラー式のアウトドアトラウザーを選んだ。これがあれば海でも山でも、子供の行きたいところに出かけられる。
父親の洋服だけでなく、今季は初めて子供服も打ち出した。“パパとおそろい”を楽しめる小さなバレンシアガには、パーカーやTシャツ、そして2017年春夏コレクションにデビューした人気の「スピード トレーナー(SPEED TRAINER)」までもが登場している。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/31584

クロエ 2018年春コレクション – ボヘミアンやミリタリーをゆったりと優雅なスタイルに

クロエ(Chloé)が、2018年春コレクションを発表。

今シーズンのクロエは、センシュアルかつリラックス感あふれるムードに満ちている。ボヘミアンや、ミリタリーなど様々な要素を、ゆったりとしたシルエットに落とし込み、夏の午後を思わせるロマンチックなコレクションを展開した。


エキゾチックなムードを感じさせるロングドレスが多数登場。ペイズリー柄のドレスは、空気を含んだような緩やかなシルエットで、グラマラスかつ優雅な印象。ブラウンのレザーバッグや、フリンジが大きく揺れるブーツを合わせ、強く照りつける太陽が似合うボヘミアン・スタイルに仕上げた。
フリンジを腕や裾にあしらったホワイトのニットドレスは、たっぷりとボリュームをもたせて。重たくボリューミーなドレスの裾から覗く、エアリーで繊細なフレアスカートや、素足に合わせたサンダルが、スタイルに軽やかさを添えている。
フローラルのレースを全面にあしらった繊細でヌーディなシャツは、ストリート感のある太めのパンツやホワイトスニーカーといったラフなアイテムと、バランス良く調和している。胸元や袖にフリルをあしらったエレガントなブラウスは、グラムロックのスタイルを思わせるシルバーのパンツを合わせ、エッジィな要素を加えた。
一方で、テーラードのスーツなど、かっちりときめたルックも展開。ずらりと並ぶボタンが印象的なダブルのテーラードジャケットは、はっきりとしたブルーのカラーが印象的。長く伸びたスカーフやハイウエストのパンツがレトロなムードを放つ一方で、足元にはスニーカーを合わせ、カジュアルにまとめた。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/31631

「ア ベイシング エイプ」パリに初の直営店舗、限定アイテムも登場

ストリートブランド「ア ベイシング エイプ(A BATHING APER)」は、仏・パリに直営店舗 「ベイプストア パリ(BAPE STORER PARIS)」をオープンした。

フランス1号店となる同店舗は、パリ市庁舎やショッピングストリートが至近のヴェルリ通りに位置する。親会社である香港のアパレル企業I.Tと、フランスの百貨店 ギャラリー・ラファイエット・グループ(GALERIES LAFAYETTE GROUP)と提携し、開業に至った。新店舗では、エッフェル塔をモチーフにしたアイテムや、トリコロールを取り入れた商品などのパリをイメージした限定アイテムを用意するほか、Tシャツやシャークフーディなどのアイコニックなアイテムも登場する。これらのアイテムは、12月9日よりア ベイシング エイプ正規取扱い店舗にて発売する予定だ。

さらに店内では、「マスターマインド・ジャパン(mastermind JAPAN)」とのコラボレーションアイテムも揃える。フランス国旗のカラーパターンを背景に、互いのブランドアイコンとロゴを落とし込んだプルオーバーフーディ、Tシャツを限定販売する。12月8日より同店のみで展開予定。パリに行く機会がある方は、ぜひ立ち寄ってみて。

転載サイト:http://www.afpbb.com/articles/modepress/3154423