大人っぽい質感溢れるディオールDIORブランド高品質新作ジャケットが限定発売

2月12日は、ディオール(DIOR)の「バー」ジャケットが誕生した日。「バー」ジャケットは、1947年の誕生以来長らく、メゾンの、ひいてはファッション界のエレガンスを体現してきたディオールのアイコン的アイテムだ。

店頭では、マリア・グラツィア・キウリ手掛ける最新の「バー」ジャケットだけでなく、定番的な「バー」ジャケットを含むカプセルコレクション「30 モンテーニュ」を展開。アイコンアイテムの誕生日を迎えるにあたって、ディオールはその魅力を改めて伝えるべく、製作の裏側も公開した。

ディオールのアイコン「バー」ジャケットとは?

Bar suit, Haute Couture Spring-Summer 1947 collection by Christian Dior. 
© Associations Willy Maywald  ADAGP, 2020
Bar suit, Haute Couture Spring-Summer 1947 collection by Christian Dior.
© Associations Willy Maywald ADAGP, 2020

マルセル・ブサックの支援を受け、40歳でようやく自身のブランドを立ち上げたクリスチャン・ディオール。第2次世界終戦後間もない1947年2月12日、当時の女性たちが渇望した贅沢でエレガントなファッションを体現したのが、クリスチャン・ディオール初のオートクチュールコレクション提案した“ニュールック”だった。

Bar suit, Haute Couture Spring-Summer 1947 collection by Christian Dior. 
© Photo Pat English
Bar suit, Haute Couture Spring-Summer 1947 collection by Christian Dior.
© Photo Pat English

コレクション発表の衝撃は“ニュールック革命”とも呼ばれるほどで、「バー」ジャケットは、そのスタイルに欠かせない存在とされた。キュッと引き締まったウエスト、なだらかなショルダー、ヒップを強調するペプラム、そして大きく開いた首元。女性の美しさを強調する要素を併せ持ち、以来、変わらずメゾンのアイコンとして知られている。

約150時間を経てアトリエで完成

「バー」ジャケットは、まるで女性の身体の形をそのまま再現するかのような滑らかなシルエットが特徴。それは約150時間以上の時をかけてアトリエの職人たちが作りあげていく。公開された動画では、デザイン画の作成から、パターン作成、裁断、仮縫い、縫製、ボタン付けの様子までを映し出している。

マリア・グラツィア・キウリ手掛ける最新の「バー」ジャケット

© Morgan O’Donovan
© Morgan O’Donovan

「バー」ジャケットは、エレガントなシルエットを保ったまま、素材や装飾を変え、歴代のデザイナーによって再解釈され続け、進化した形で展開されている。現在、ディオールのウィメンズ アーティスティック ディレクターを務めるマリア・グラツィア・キウリも、彼女なりの解釈によってあらゆるデザインの「バー」ジャケットを提案している。

2020年リゾートコレクション

2020年リゾートコレクションより
2020年リゾートコレクションより

例えば、ムッシュ ディオールの最初の後継者イヴ・サンローランが愛した場所、マラケシュで発表した2020年リゾートコレクションでは、ジャングルを想起させるジャカード織のテキスタイルを用いて、パワフルに表現。エネルギッシュな自然のパワーを纏うことで、エレガントなだけではない「バー」ジャケットを完成させた。

2020年春夏ウィメンズコレクション

ディオール 2020年春夏ウィメンズコレクションより
ディオール 2020年春夏ウィメンズコレクションより

パリで発表したディオール 2020年春夏ウィメンズコレクションでは、マリア・グラツィアらしい繊細な表現を加えてよりフェミニニティに昇華した。例えば、メンズライクなハウンドトゥースでつくるジャケットは、首元を通常より大きく開き、ファブリックとは対照的な官能的シルエットを魅力に。レースのスアートとレースアップのエスパドリーユを組み合わせて、新しい“ニュールック”を提案している。

大変な人気を博するカナダグース CANADA GOOSEジャケットが登場

カナダグース (CANADA GOOSE)とY/プロジェクト(Y/PROJECT)がコラボレーション。Y/プロジェクトの2020-21年秋冬コレクションより、ユニセックスのカプセルコレクションが2020年11月に発売される。

コラボレーションアイテムは、2020年1月に行われたY/プロジェクトの2020-21年秋冬コレクションのショーで発表された。アシンメトリーなパーカや中綿ジャケット、リバーシブルのビーニーなど、6型のアイテムを揃える。

アイコニックなパーカは襟を変形させ、袖にカナダグースのラベルとY/プロジェクトのラベルを並べた。

また、切り替えを施したキルティングのプルオーバーや、前の留め方によってアンバランスな合わせを楽しめるダウンジャケット、コンパクトなシルエットのショートジャケットなど、斬新なフォルムのアイテムが登場する。

カナダグースの機能性と、ユニークなデザイン性をかけ合わせたラインナップとなっている。

今季おすすめの超人気美品ディーゼルDIESELジャケット新作をご紹介

ディーゼル(DIESEL)から、ディーゼル レッドタグ(DIESEL RED TAG)第5弾として、レディメイド(READYMADE)とコラボレーションしたカプセルコレクションが登場。2020年1月22日(水)から1月29日(水)まで、特設応募サイトにて、購入整理番号の抽選受付を行う。

ディーゼル レッド タグ プロジェクトは、世界的に大きな影響力をもつデザイナーを招き、彼らがデザインしたカプセルコレクションを限定販売するプロジェクトだ。これまでに、Y/プロジェクト(Y/Project)のグレン・マーティンスなどのデザイナーとタッグを組んできた。


デニムジャケット(ユニセックス)

高品質で保温性抜群のカナダグース CANADA GOOSEダウンジャケットが登場

2019年冬のおすすめメンズダウンジャケットを特集。冬の防寒にマストハブなダウンアウターから、人気ブランドをピックアップ。カナダグース (CANADA GOOSE)や水沢ダウン、ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)、ユニクロ(UNIQLO)は暖かさの秘密も一緒に紹介。その他、モンクレール(MONCLER)やウールリッチ(WOOLRICH)、タトラス(TATRAS)といったブランドの新作も紹介する。

インナーダウンとして使える薄手のモデルから、しっかり防寒の機能性アウター、街着に最適なおしゃれなデザインなど多彩なダウンジャケットが登場するので、この冬のアウター選びに役立ててほしい。

カナダグース

暖かさの秘密
北極や南極に滞在する研究者やアスリート、エベレスト登頂を目指す登山家などにも愛用されるほどの防寒性を誇るカナダグース (CANADA GOOSE)のダウン。軽量ながら暖かさを保つ秘訣は、製品に応じたダウンのブレンド。最高級のダウンを用いて、自社開発した4種類のブレンドを採用している。

加えて、フードにあしらわれたコヨーテのリアルファー、冷気の侵入を防ぐリブニットの袖、裏地にフリースを採用したポケットといったディテールによって、保温性をより一層高めている。

〈カナダグース〉王道人気のダウンジャケット「ジャスパー パーカ」「シャトー パーカ」

CHATEAU PARKA FUSION FIT 120,960円(税込)
CHATEAU PARKA FUSION FIT

カナダグース (CANADA GOOSE)の人気ダウンジャケット「ジャスパー パーカ」は、ベースとなっている「シャトー パーカ」同様、すっきり着こなせるシンプルなデザインが魅力。腰回りまでカバーするミッドレングス丈で、アウトドア、タウンユース、スーツスタイルと、幅広く活躍してくれそう。日本人の小柄な体型にフィットするサイジングの、ベーシックな1着だ。尚、「シャトー パーカ」を買うなら、日本人の小柄な体型にもフィットするフュージョン フィットのモデルがおすすめだ。

今年の夏を盛り上げるミュウミュウMIU MIUTシャツが新入荷いたしました

ミュウミュウ(MIU MIU)より新作Tシャツカプセルコレクション「MIU MIU KISSES(ミュウミュウ キッシーズ)」が登場。ミュウミュウ直営店にて発売される。

「MIU MIU KISSES」は、名作映画のキスシーンにフィーチャーしたTシャツコレクション。全5種で展開し、遊び心溢れるものからノスタルジックなものまで、様々な情景のキスにまつわる名シーンとミュウミュウのロゴをそれぞれにデザインした。

ピックアップしたのは、『白雪姫』『ティム・バートンのコープスブライド』『風と共に去りぬ』『カサブランカ』『フラッシュダンス』の5つの映画。中でも『白雪姫』は、プリンス・チャーミングが白雪姫にキスで生命を吹き込む、劇中で最もポピュラーなシーンを切り取った。

レトロな実写映画の『風と共に去りぬ』『カサブランカ』『フラッシュダンス』はいずれもエモーショナルな表情に。『風と共に去りぬ』は1930年代、『カサブランカ』は1940年代、『フラッシュダンス』は1980年代とそれぞれ異なる年代の作品から、情熱的かつ感動的なキスシーンを抜粋した。

圧倒的な高級感お手頃価格で提供するGUESSゲスパーカー新作


MEN’S L/SLV HOODIES WORLD TOUR

架空のツアーをイメージしデザインされたアイテムは、Tシャツ、ロングスリーブTシャツ、パーカーの3型を用意。各アイテムのフロントは、GUESSの逆三角形ロゴが施されている。また、バックには、GUESSのブランド設立の場所であるアメリカ・ロサンゼルスと、アトモスのアジアでの展開店舗の地名が刻まれ、ツアーで各地を回るようなデザインとなっている。

すばらしいギフトにおすすめのグッチ新入荷の高品質新作スウェットシャツが新入荷

グッチ(GUCCI)から、「マスク」をテーマにした「グッチ マニフェスト コレクション」のメンズ・ウィメンズTシャツ&スウェットシャツが登場。

「マスク」を描いたTシャツ&スウェットシャツ

「グッチ マニフェスト コレクション」は、グッチの2019年秋冬コレクションファッションショーに登場した「マスク」と、プレスリリースから引用したマスクの文化的意義を論じるテキストをデザインに取り入れたコレクション。今シーズンのキーメッセージのひとつである「THE MASK AS A CUT BETWEEN VISIBLE AND INVISIBLE(仮面 – 可視と不可視の間の存在)」を一貫して表現している。

「グッチ マニフェスト コレクション」で展開されるのは、半袖Tシャツ、クルーネックまたはフード付きのスウェットシャツの3種類。ウィメンズとメンズではシルエットが異なる。

店頭展開アイテム

店頭とオンラインでは販売されるアイテムが異なり、店頭ではTシャツ&スウェットシャツを展開。フロントにはメタルスパイク マスク、カーニバルキャット マスク、店頭のみのエイリアン マスクといったプリントがあしらわれている。それぞれフロントかバックのいずれかにブランドロゴを配しており、ショーのシーズンを示す「GUCCI FALL WINTER 2019/20」が記されたものも用意する。

キャンディストリッパー×PUFFY大貫亜美の「ロンパース」“やる気の無い猫”プリントTシャツ

キャンディストリッパー(Candy Stripper)のデザイナー 板橋よしえとパフィー(PUFFY) 大貫亜美による「ロンパース コレクション(ROMPUS COLLECTION)」が登場。2019年8月3日(土)より発売される。


脱ぎ着しやすいROMPUSの方 27,000円+税

「ロンパース コレクション」は、2018年に結成15周年を迎えた板橋よしえと大貫亜美によるユニット「ロンパース」によるコレクション。大貫亜美のセンスが光るジェンダーレスなピースを展開している。


微妙で愉快な仲間たちT 7,000円+税

今回は国内外のアーティストの音源カバーアートをはじめ、ロックフェスやアパレルブランドへのグラフィック提供を行っているティーエムペイント(TM paint)が、「ロンパース」のためだけに描き下ろした特別なイラストを使用した。

展開されるアイテムは、ネーミングもユニーク。キャンディストリッパーのアノラックパーカーを着脱しやすよう羽織れる仕様にした「脱ぎ着しやすいROMPUSの方」や、大貫亜美と動物たちのイラストを描いた「微妙で愉快な仲間たちT」などが用意されている。

どこかやる気の無い猫のイラストを配した「出会い頭に玄関の鍵かけたか思い出すねこちゃんロンT」や「絶妙な配色で左右違う微妙なねこちゃんの靴下」にも注目だ。

なお「ロンパース コレクション」のビジュアルには、大貫亜美本人と藤井隆が起用されている。

from https://www.fashion-press.net/news/52065

リリー ブラウン新作、ヴィンテージ風フラワー刺繍トップスやコットンレースワンピース

リリー ブラウン(Lily Brown)の2019年秋冬コレクションから、新作ウェアが登場。2019年9月より順次販売される。


ジャガードロングスカート 13,200円+税 9月下旬

リリー ブラウンの2019年秋冬コレクションのテーマは「ニュー ブルジョワジー(NEW Bourgeoisie)」。高貴さと自由な精神を持ち合わせたフランスのブルジョワジーを再解釈したアイテムを展開していく。

「ジャガードロングスカート」は、ジャカード織りを用いて、エレガントな柄を施したタイトスカート。シンプルなトップスと合わせたい、存在感溢れる一着に仕上がっている。ウエストのバックにファスナーを配しているため、着脱しやすいのも嬉しい。


フラワー刺繍トップス 8,800円+税 9月上旬

「フラワー刺繍トップス」は、透け感のあるチュールレースに、オリジナルのフラワー刺繍を施したもの。襟ぐりのサテンテープや、フロントにあしらったボタンが、ヴィンテージなムードを演出している。


コットン刺繍ロングワンピース 18,000円+税 9月中旬予定

ヴィンテージ風に仕上げたコットンレースが主役の「コットン刺繍ロングワンピース」は、ウエストから裾に向かってボリュームを持たせることで、より一層フェミニンなシルエットに。スタンドカラーがクラシカルな雰囲気をもたらしている。フロントのボタンを外せば、ガウンとしても着こなすことができる。

なおリリー ブラウンの2019年秋冬シーズンビジュアル&ムービーには、2015年秋冬のパリコレクションでランウェイデビューし、アイコニックなピンクヘアで注目を集めたモデル、フェルナンダ・リーが起用されている。

from https://www.fashion-press.net/news/52227

KUROの新作メンズアウター – 高級綿使用のデニムジャケット&コートやミリタリージャケット

KURO(クロ)から、2019年春夏シーズンの新作メンズアウターが登場。

ミリタリージャケット

Sulfur Dyed Nidom Mods Short Jacket 64,800円(税込)
Sulfur Dyed Nidom Mods Short Jacket 64,800円(税込)

今季、KUROが着目したのはミリタリーテイスト。ニドム加工を施すことによって生まれる独特な起毛感と、マットな質感が印象的なモッズショートジャケットは、フードを取り外して軽やかなスタンドカラージャケットとして着ることも可能だ。ゆったりとしたシルエットながら、アームのタックや袖口のアジャスターを締めるとスマートな印象に。季節の変わり目に重宝する1着だ。

Sailor Cloth Army Jacket 45,360円(税込)
Sailor Cloth Army Jacket 45,360円(税込)

前身頃にポケットを4つあしらった無骨なミリタリージャケットは、オフホワイト、カーキ、インディゴの3色を用意。オフホワイトやカーキは、着れば着る程風合いに豊かさが増し経年変化を楽しめる高密度の生地を採用。インディゴは、高級綿のジンバブエコットンを使った6オンスのデニム生地を用いて、軽やかで吸湿性に優れたアウターに仕上げている。いずれも内側にはテープをあしらい、肩から背負うことのできる仕様となっている。

軽やかなデニムジャケット&新型コート

Loose Denim Big Jacket HERITAGE WASH 02 / Faded Indigo 32,400円(税込)
Loose Denim Big Jacket HERITAGE WASH 02 / Faded Indigo 32,400円(税込)

継続モデルのデニムジャケットからは、程良い色ムラが表情豊かな新色が登場。ざっくりとした織で仕上げ、洗いにかけたデニム生地を採用している。装飾を削ぎ落した、ミニマルなデザインが魅力だ。

Denim Inner Collar Shirt Coat 34,560円(税込)
Denim Inner Collar Shirt Coat 34,560円(税込)

また、新型のデニムコートにも注目したい。手作業で収穫された高級綿のジンバブエコットンから仕立てた6.5オンスのデニム生地を使った、肌なじみの良いアウターだ。袖丈をやや短めに設定し、“浴衣”のような和風のフォルムに仕立てられている。

from https://www.fashion-press.net/news/47226