「エトロ」50周年を祝う”ETRO50″コレクションに注目!

「エトロ」50周年を祝う"ETRO50"コレクションに注目!

【10月2日 MODE PRESS WATCH】「エトロ(ETRO)」は、創業50周年を記念し「ETRO 50」カプセルコレクションを発表した。

ウィメンズのクリエイティブ・ディレクターであるヴェロニカ・エトロ(Veronica Etro)と、メンズのクリ エイティブ・ディレクターであるキーン・エトロ(Kean Etro)が共同でデザインした今回のコレクションは、エトロが誕生した60年代後期のサイケデリックなテイストにストリートの要素を加え、カレイドスコープのようにカラフルで華やかに仕上がった。

ペイズリーで描かれた“50” のロゴは、ミラノにアトリエを構えるカリグラフィー・アーティスト、ルカ・バルチェローナ(Luca Barcellona)によるもの。エトロファミリーの信条(マントラ)である「Faithful to Love and Beauty(愛と美に忠実であれ)」を掲げ、ブランドシンボルのペイズリーはジオメトリックなパターンと混ざり合う。また、漫画に出てくるようなキャラクター、ペイズリーの精霊も登場する。 アイデンティティを大事にしつつ、未来へ向けた新たなインスピレーションは、エトロ独自のアート性とクリエイティビティ溢れる世界観を表現した。

「ETRO 50」コレクションは、10月より、世界の主要店舗で展開予定。日本では、ウィメンズ・メンズ合同のポップアップストアを、伊勢丹新宿店本館と阪急うめだ本店で開催。日本限定発売のアイテム(ウィメンズ7型、メンズ3型)を含むコレクションを取り揃える。ブランドの半世紀を祝う特別なコレクションを見逃さないで!

from http://www.afpbb.com/articles/modepress/3185705

着心地が抜群、吸汗吸湿性にも優れたモンクレール コピーポロシャツ

モンクレール コピーGAMME BLUE(ガムブルー)のポロシャツ。ポロシャツ定番の鹿の子編みで仕上げているのにも関わらず、ごわつきが少なく、さらりとした着用感が特徴。胸ポケットに施されたさりげないトリコロールカラーもGOOD。上品な色合いのグレーのmoncler コピーポロシャツは一枚持っておくと便利ですね。

モンクレールのWHITE CONTRAST COLLOR PORO。その名の通り、袖と襟に施されたブラックの切り替えとボディのホワイトカラーのコントラストが上品なモンクレール コピー 服。通常は別色が用いられることの多い縫い目部分(ステッチ)には、中間色のトーナルステッチを施しているため縫い目が見えづらくより一層エレガントなシルエットに仕上がっています。

モンクレールマニア ポロ マニカ コルタのポロシャツ。一見なんの変哲も無いシンプルなデザインだからこそ素材の良し悪しやディテールが伝わってくるものです。清潔感と上品さを両立したモンクレール ポロシャツ コピーは、オフィスカジュアルとしても、シティウェアとしても着回ししやすいので重宝すること間違いなし。吸汗吸湿性にも優れ、さっぱりとした着心地は一度着たらついついヘビーユースしてしまうことでしょう。

滑らかな手触りモンクレール キッズダウンジャケットMONCLERダウンアウターフード付きダウンジャケット

 

モンクレールコピーが展開するライン「マウジースタジオウェア(MOUSSY STUDIOWEAR)」とアメリカのSF映画『E.T.』が再びコラボレーション。ボンバージャケットが2018年10月26日(金)より、ザ・シェルター トーキョー、マウジー ルミネエスト新宿店、シェルター ウェブストアで限定発売される。

「マウジースタジオウェア」と『E.T.』とのコラボレーションは、2018年4月に次ぐ2度目。今回用意されたボンバージャケットは、袖口をファスナーで着脱できる上、リバーシブル仕様となっており、いくつもの着こなしを楽しむことができる。

光沢感のある表側には、左胸と後ろ身頃上部にロゴを配し、左袖に手書き風の『E.T.』をプリント。キルティング仕様になっている裏側のバックスタイルには、人差し指を合わせるあの名シーンが、転写プリントで施されている。

バブアー×ビームス限定「ビデイル SL」ジャケット、スポーティなシルエットに上質ウールカシミヤ

ビームス F(BEAMS F)は、バブアー(Barbour)とのコラボレーションジャケットを発売。


左から) バブアー×ビームス「ビデイル SL」ジャケット(キャメル/ネイビー)
各98,000円+税

本アイテムは、1894年に創業した英国を代表するブランド「バブアー」の名作「ビデイル SL」をベースに、世界最古の生地メーカーといわれるイタリア・ピアチェンツァ社に生地別注したジャケットだ。

元々は乗馬用のアウターであったため、スポーティなシルエットの「ビデイル SL」に上質なウールカシミヤを合わせることによって、既存モデルとは異なる上品で柔らかな雰囲気を纏った。

カラーは、様々なスタイリングに合わせやすいネイビーと、ウールカシミヤの柔らかい素材感が際立つキャメルの2色展開となっている。

from https://www.fashion-press.net/news/43835

GUESS×アトモス、架空のツアーをイメージしたバックプリントのパーカーなど3型

GUESS(ゲス)とアトモス(atmos)によるコラボレーションアイテム“World Tour Collection”が、2018年9月中旬より発売される。


MEN’S L/SLV HOODIES WORLD TOUR 9,500円+税

架空のツアーをイメージしデザインされたアイテムは、Tシャツ、ロングスリーブTシャツ、パーカーの3型を用意。各アイテムのフロントは、GUESSの逆三角形ロゴが施されている。また、バックには、GUESSのブランド設立の場所であるアメリカ・ロサンゼルスと、アトモスのアジアでの展開店舗の地名が刻まれ、ツアーで各地を回るようなデザインとなっている。

なお、本アイテムは、2018年8月22日(水)よりアトモス オンラインショップにて予約が開始される。

from https://www.fashion-press.net/news/42308

コム デ ギャルソン新ブランド「CDG」表参道&大阪に旗艦店オープン

コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)の新ブランド「CDG(シーディージー)」が、2018年7月20日(金)に東京・表参道GYREと大阪店にフラグシップショップをオープン。


ポンチョ 15,000円

コム デ ギャルソンの「CDG(シーディージー)」は、これまでのコム デ ギャルソンのクリエーションを意味する「CDGシンボルロゴ」をつけた新しいブランド。展開は表参道GYREと大阪店の実店舗に加え、ブランド初となるオンラインショップでも展開。定番商品を始め、コラボレーションによるデザインやコム デ ギャルソンを象徴するアイコニックなデザインのアイテムを展開予定だ。


Tシャツ 9,500円

新店オープン時には、Tシャツ、パーカー、ブルゾン、スニーカーなどの定番アイテムが登場。いずれもブランド名の「CDG」ロゴが力強く刻まれている。

from https://www.fashion-press.net/news/41516

パリ発「ロイヤルズオンリー」国内展開スタート、グラフィックプリントのパーカーなど

パリ発のファッションブランド「ロイヤルズオンリー(LOYALS ONLY)」が2017年12月中旬より、スーパーエーマーケット(SUPER A MARKET)にて、日本国内での展開をスタートする。

「ロイヤルズオンリー」はパリのグラフィティをバックボーンとする、2015年にスタートしたブランド。デザイナーは名前こそ非公開だが、A.P.C.(アー・ペー・セー)のデザインチームに所属し、グラフィックアーティストとしても活動する気鋭の人物。展開するアイテムでは、アイデンティティを強く持ったパリジャンの若者が表現されている。

そんな「ロイヤルズオンリー」が日本国内での展開を開始。フランスでもごく限られた店舗のみで展開しているのと同様、今回日本でもスーパーエーマーケットのみでの販売。パーカーやTシャツなど、アーティスティックな雰囲気が漂うグラフィックがプリントされたアイテムたちがラインナップされる。日本初上陸、注目のブランドをいち早くチェックしてみて。

from https://www.fashion-press.net/news/36016

マーガレット ハウエル×バブアーのコラボアウター、軽やかなジャケットやロングコートなど全5型

マーガレット ハウエル(MARGARET HOWELL)と、イギリスのアウトドアブランド・バブアー(Barbour)がコラボレーション。「Barbour for MARGARET HOWELL」より、メンズ・ウィメンズのアウターが、2018年9月14(金)から発売される。

 
左から)MEN FISHTAIL PARKA KHAKI 76,000円、MEN FISHTAIL PARKA BLACK 76,000円

2018年秋冬コレクションで発表されたバブアーとのコラボレーションアウターは、メンズ・ウィメンズ合わせて全5型で展開。バブアーの機能的なアウターを、マーガレットハウエル独自の感性でモダナイズした、特別なピースが完成した。

メンズには大き目のフードが付いたフィッシュテイルパーカを、カーキとブラックの2型で用意。内側には英国らしいタータンチェック柄を配している。

 
左から)WOMEN PONCHO 62,000円、WOMEN URSULA 69,000円

ウィメンズには、ジャケット、ポンチョ、ロングコートの3型が登場。いずれもデザインはバブアーのアーカイブをベースとしており、ライトウェイトのオイルドクロスを用い、モダンにアップデートされている。

from https://www.fashion-press.net/news/42014

ユニクロ「UT」×インベーダーゲームのTシャツ、8ビットドットのインベーダー刺繍など

ユニクロ(UNIQLO)のグラフィックTシャツブランド「UT」と、名作シューティングゲーム「スペースインベーダー」のコラボレーションTシャツが登場。2018年9月24日(月)より、ユニクロ超大型店及びオンラインストアにて発売される。

「スペースインベーダー」は、1970年代後半から1980年代の爆発的なゲームブームの火付け役で、「インベーダーゲーム」という新たなゲームジャンルを作り出した名作ゲームだ。内容はいたってシンプルで、「カニ」の呼び名で親しまれる「インベーダー」などの敵キャラクターが攻撃を仕掛けてくるのを打ち落としていくというものである。

コラボレーションTシャツは、7型全10種類がラインナップする。デザインは、インベーダーを刺繍で施したものや、クラシカルな8ビットドットで再現したゲーム中の画面を切り取ったようなグラフィックなど。ゲームの世界観を忠実に表現した、遊び心溢れるアイテムとなっている。

from https://www.fashion-press.net/news/42904

「ザ・ロウ」、伊勢丹新宿店でポップアップ開催

1/10前へ次へ「ザ・ロウ」、伊勢丹新宿店でポップアップ開催写真拡大
×(c)The Row

関連写真

  • 「ザ・ロウ」、伊勢丹新宿店でポップアップ開催
  • 「ザ・ロウ」、伊勢丹新宿店でポップアップ開催
  • 「ザ・ロウ」、伊勢丹新宿店でポップアップ開催
  • 「ザ・ロウ」、伊勢丹新宿店でポップアップ開催
  • 「ザ・ロウ」、伊勢丹新宿店でポップアップ開催
  • 「ザ・ロウ」、伊勢丹新宿店でポップアップ開催
  • 「ザ・ロウ」、伊勢丹新宿店でポップアップ開催
  • 「ザ・ロウ」、伊勢丹新宿店でポップアップ開催
  • 「ザ・ロウ」、伊勢丹新宿店でポップアップ開催
  • 「ザ・ロウ」、伊勢丹新宿店でポップアップ開催

【6月20日 MODE PRESS WATCH】ファッションデザイナーのメアリーケイト(Mary-Kate Olsen)とアシュレー・オルセン(Ashley Olsen)姉妹が手掛けるブランド「ザ・ロウ(The Row)」は、6月20日~28日の期間中、伊勢丹新宿店本館3階=プロモーションにてポップアップストアをオープンする。

同店では、1930-40年代にパリで活躍したアーティスト クリスチャン・ベラール (Christian Bérard)とジャン・ミシェル・フランク (Jean-Michel Frank)の世界観からインスピレーションを得たプレフォール 2018年コレクションを展開。デザイナーの2人が愛するヴィンテージファニチャーを配し、ニューヨークのフラッグシップショップを思わせるスペースに、最新コレクションがズラリと並ぶ。

ユーティリティーにロマンチックなムードを添えたレディ・トゥ・ウェアには、「ザ・ロウ」の本質であるテイラードジャケットが、足首で弛むワイドシルエットが特徴のトラウザーとのセットアップで登場。同ブランド名は、スーツ発祥の地として有名な英・ロンドン中心部のストリート「サヴィル・ロウ」に因んで名づけられており、テイラードススタイルに敬意を表している。またシルクシャツやチュニックドレス、カシミヤニットなど、ブランドを代表するアイテムを取り揃える。

アクセサリーは、ブランドを代表する「アスコット」バッグより、新色を含む豊富なカラーバリエーションが登場。また日本初上陸となる新シグニチャーバッグ「マルゴー」は、ヴィンテージのトラベルバッグを思わせるシルエットに、トレンチコートのディテールのようなバックルが施された、エレガントでありながら機能性を備えたタイムレスなバッグ。上質なスムースカーフスキンを用い、リッチで温かみのあるカラーで展開する。洗練されたモダンクラシックを表現するフットウェアからは、毎シーズン異なるテキスタイルとレザーの組み合わせが人気の高い「ココ」パンプスや、アップデートされた「ミニマル」ローファー、「テディベア」スライドが登場し、更なる進化と広がりを見せている。上質な素材使い、ディテールやフィット感を追求したデザインに定評がある同ブランドならではの新作アイテムを、ぜひ手に取ってみて。

from http://www.afpbb.com/articles/modepress/3179128