ローブス&コンフェクションズ オム 19年春夏コレクション – “ズートスーツ”でスウィング

ローブス&コンフェクションズ オム(robes&confections HOMME)の2019年春夏コレクションが発表された。

40年代に流行した“ズートスーツ”からインスパイア

1940年代に黒人ミュージシャンたちが着用し、流行を生み出した“ズートスーツ”から発想した今季のコレクション。丈を長く設定したテーラードジャケットに、波打つようなドレープ感のワイドパンツを合わせた“ズートスーツ”は、その極端なフォルムが型破りな空気感を感じさせる。

伊カルロ・バルベラ(CARLO BARBERA)社製のシルクリネンウールなど、ラグジュアリーな素材で仕立てたルーズフィットのスーツは、風変りでありながらも、思わず目を引くようなオーラを放つ。無地だけでなく、グラフチェックやストライプの生地も採用し、デザインもシングルとダブルを用意する。

ボールドストライプのワイドパンツなど

ダイナミックなボールドストライプのパンツは、一見カジュアルだがジャケットにコーディネートすることでクラシカルな佇まいに。それでいて、ジャズミュージックのスウィングした旋律を思わせる自由なマインドも持ち合わせている。ペルーの高品質なピマコットンジャージーで仕立てたカットソーもまた、インパクトのある存在感を見せる。

開放感のある白黒アロハプリント

白黒のみで表現した花柄アロハプリントのシャツやパンツは、ゆとりのあるリラックスしたシルエットに仕立てられている。オープンマインドかつ自然体でありつつも、自身のスタイルを貫くところは貫く、というような強さを感じさせる。

軽快なキリムモチーフ&ドット

また、浮遊感のある色彩鮮やかなパッチワークキリムプリントや転写のドットプリントを施したパンツも登場。光沢感のあるプレーンなシャツと合わせることで、軽快ながらも気品のあるスタイリングに仕上げている。

from https://www.fashion-press.net/news/44654