「SKOOKUM」へカスタムオーダーしたスタジアムジャケット|LANTIKI CENTRAAAAAL

LANTIKI CENTRAAAAAL|乱痴気セントリューム
カレッジファッションの老舗「SKOOKUM」へカスタムオーダー

乱痴気セントリュームが、アメリカのカレッジファッションの老舗「スクーカム」カスタムオーダーしたスタジアムジャケットが登場。あざやかなカラー、オーバーサイズなど現代的な解釈が加えられたアイテムだ。

古き良き雰囲気を残しつつ、現代的な雰囲気を放つ

セレクトショップ「LANTIKI CENTRAAAAAL」(乱痴気セントリューム)から、スタジアムジャケットが登場した。

アメリカのブランド「SKOOKUM」(スクーカム)へカスタムオーダーしたスタジアムジャケットは、あざやかなカラーとオーバーサイズが印象的な一品だ。

スクーカムは、1939年の創業以来、カレッジファッションの代表的なアイテムである、アワードジャケット、レターニングニットを一貫して作り続け、1940年代からは地元の大学用にスタジアムジャケットの生産を開始。上質な製品作りが評判となり、わずか数年で全米へとシェアを拡げた。
「スクーカム」というブランド名はインディアンの言葉で“最高”や“他に類を見ない”という意味をもち、質実剛健なアメリカンウェアを今に伝える貴重なブランドだ。糸一本から織り始めるリブ、袖に使うレザーのカッティング、使用されている型紙など、すべての工程を創業時から変えることなく、クオリティが高いアイテムを作り続けている。

今回登場したスタジアムジャケットは、サイズ36=S、38=Mとして紹介される定番的なアワードジャケットを、5XL相当に値するサイズ50、オーバーサイズで作られた。

襟、袖口の折り返しのスイスリブやしなやかなレザーを使用した袖など、古き良きアメリカを彷彿とさせるクラシックなスタイルながら、カラーリングとサイジングにより現代的な印象をもつユニークなアイテムに仕上がっている。

転載サイト:http://openers.jp/article/1584650