大人っぽい質感溢れるディオールDIORブランド高品質新作ジャケットが限定発売

2月12日は、ディオール(DIOR)の「バー」ジャケットが誕生した日。「バー」ジャケットは、1947年の誕生以来長らく、メゾンの、ひいてはファッション界のエレガンスを体現してきたディオールのアイコン的アイテムだ。

店頭では、マリア・グラツィア・キウリ手掛ける最新の「バー」ジャケットだけでなく、定番的な「バー」ジャケットを含むカプセルコレクション「30 モンテーニュ」を展開。アイコンアイテムの誕生日を迎えるにあたって、ディオールはその魅力を改めて伝えるべく、製作の裏側も公開した。

ディオールのアイコン「バー」ジャケットとは?

Bar suit, Haute Couture Spring-Summer 1947 collection by Christian Dior. 
© Associations Willy Maywald  ADAGP, 2020
Bar suit, Haute Couture Spring-Summer 1947 collection by Christian Dior.
© Associations Willy Maywald ADAGP, 2020

マルセル・ブサックの支援を受け、40歳でようやく自身のブランドを立ち上げたクリスチャン・ディオール。第2次世界終戦後間もない1947年2月12日、当時の女性たちが渇望した贅沢でエレガントなファッションを体現したのが、クリスチャン・ディオール初のオートクチュールコレクション提案した“ニュールック”だった。

Bar suit, Haute Couture Spring-Summer 1947 collection by Christian Dior. 
© Photo Pat English
Bar suit, Haute Couture Spring-Summer 1947 collection by Christian Dior.
© Photo Pat English

コレクション発表の衝撃は“ニュールック革命”とも呼ばれるほどで、「バー」ジャケットは、そのスタイルに欠かせない存在とされた。キュッと引き締まったウエスト、なだらかなショルダー、ヒップを強調するペプラム、そして大きく開いた首元。女性の美しさを強調する要素を併せ持ち、以来、変わらずメゾンのアイコンとして知られている。

約150時間を経てアトリエで完成

「バー」ジャケットは、まるで女性の身体の形をそのまま再現するかのような滑らかなシルエットが特徴。それは約150時間以上の時をかけてアトリエの職人たちが作りあげていく。公開された動画では、デザイン画の作成から、パターン作成、裁断、仮縫い、縫製、ボタン付けの様子までを映し出している。

マリア・グラツィア・キウリ手掛ける最新の「バー」ジャケット

© Morgan O’Donovan
© Morgan O’Donovan

「バー」ジャケットは、エレガントなシルエットを保ったまま、素材や装飾を変え、歴代のデザイナーによって再解釈され続け、進化した形で展開されている。現在、ディオールのウィメンズ アーティスティック ディレクターを務めるマリア・グラツィア・キウリも、彼女なりの解釈によってあらゆるデザインの「バー」ジャケットを提案している。

2020年リゾートコレクション

2020年リゾートコレクションより
2020年リゾートコレクションより

例えば、ムッシュ ディオールの最初の後継者イヴ・サンローランが愛した場所、マラケシュで発表した2020年リゾートコレクションでは、ジャングルを想起させるジャカード織のテキスタイルを用いて、パワフルに表現。エネルギッシュな自然のパワーを纏うことで、エレガントなだけではない「バー」ジャケットを完成させた。

2020年春夏ウィメンズコレクション

ディオール 2020年春夏ウィメンズコレクションより
ディオール 2020年春夏ウィメンズコレクションより

パリで発表したディオール 2020年春夏ウィメンズコレクションでは、マリア・グラツィアらしい繊細な表現を加えてよりフェミニニティに昇華した。例えば、メンズライクなハウンドトゥースでつくるジャケットは、首元を通常より大きく開き、ファブリックとは対照的な官能的シルエットを魅力に。レースのスアートとレースアップのエスパドリーユを組み合わせて、新しい“ニュールック”を提案している。

ディオール メンズ 2019年夏コレクション – キム・ジョーンズの手で蘇るメゾンの銘品

ディオール オム(DIOR HOMME)が、ブランド名を改め、ウィメンズラインとともにディオール(DIOR)として生まれ変わる。そのスタートとなった今回の2019年夏メンズコレクションは、キム・ジョーンズ就任後初のシーズンである。

KAWSによる巨大オブジェが来場者を迎える

今季の招待状には、ブランドのアイコニックな“ビー”モチーフが描かれていた。しかしいつもと違って目が“バツ”マーク。彼の作品の登場を、ほんのり予感させていた。

いざ会場に入ると、招待状と同じく目が“バツ”マークの巨大なオブジェが来場者を迎える。これは想像通り、現代アーティストとして世界に名を轟かしつつあるカウズ(KAWS)の作品。ピオニーやローズの花などでできた高さ10メートルの巨大オブジェは、キム・ジョーンズの大舞台のため“ムッシュ ディオール”を表現して制作したものだ。

ディオールの歴史を踏襲した初シーズン

オートクチュールのブランドとしてスタートしたディオール。だからこそキムは今季、そのオートクチュールの解釈を自身のコレクションに取り入れた。小さなフェザーはクチュールライクな技法によって、シースルーのシャツにあしらわれ、さらには二重構造のPVC素材の間に繊細な花の模様を作った。また、ディオールがルーツとする18世紀のスタイルに影響を受け、西洋更紗“トワル ド ジュイ”は、シルクオーガンジーを重ねた精緻な刺繍、あるいは柔らかなレザーにエンボス加工で繊細かつ表情豊かに落とし込んだ。

黒と白の二面性を見せたフラワーモチーフはムッシュ・ディオールの使用していたティーセットの柄がインスピレーション。アイコニックな“ビー”モチーフは、今季らしくカウズの手によってプレイフルに解釈された。そのほか、「レディ ディオール」をはじめとする多くのアイテムに施されてきた格子柄「カナージュ」、マルク・ボアン時代よりアイコニックな存在であり続けたオブリーク柄など、ディオールの歴史を語る上で欠かせないデザインが続々と現れる。

メゾンの長い歴史の中で登場してきた数々の銘品は、キムなりの解釈を踏まえて蘇らせている。例えばこれまでウィメンズで提案してきた「サドル」バッグは、キャップのツバ部分などにもデザインが派生し、象徴的なカーブのシルエットが用いられた。もちろん、バッグも登場していて、小さなボディタイプから、クラッチ、ミニリュック、ショルダータイプなど充実すぎるラインナップだ。

そして、ブランドのアイデンティティともいえるスーツは、キムの手によってこれまでになく肩がなだらかなフォルムへとシフトされている。アシンメトリーな前合わせは、これまでに例がなく、新しい歴史の1ページとなった。

メゾンを代表するカラー“気持ちを晴れやかにする色”

カラーパレットもまたディオールの歴史を踏襲したセレクト。クリスチャン・ディオールが幼少期を過ごした場所、グランヴィルはいつも空が曇っていて、そのどんよりした気候の中でも晴れやかな気持ちでいられるようにと外壁をピンクにしていたという。そんな理由で、メゾンを象徴するカラーのひとつとしてピンクとグレーが挙げられるのだが、今季はその2色に、目の覚めるようなイエローと爽やかなブルーを加え軽やかな色味で構成している。

アンブッシュのYOONがアクセサリーデザイナーに就任

今季は、キム・ジョーンズとともに数人のクリエイターたちが、新生ディオールを盛り上げた。ジュエリーデザイナーとして、アンブッシュ(AMBUSH)のYOONが就任。さらに、帽子はスティーブン・ジョーンズ(Stephen Jones)、“CD”ロゴを配したベルトはアリクス(ALYX)のマシュー・ウィリアムス(Matthew Williams)が手掛けている。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/40782