ウル 2017年秋冬コレクション – 変化球パンツスタイル、深みのある色合いと共に

ウル(URU)の2017年秋冬コレクション。テーマは先シーズンに引き続き「カラー」だ。

色合いはここ数シーズン続けて見られる、鮮やかなカラーを挿し込んだパレット。今回は深みのあるパープル・ブルー・グリーンが選ばれた。

今季は“変化球パンツ”を数多く提案。例えばあえて第二ボタンまで外し、折り返して着こなすワイドパンツや、ベルトマークするかのようなデザインのハイウエストパンツ、そしてリフレクターを大胆に膝まであしらったものなど、着こなしの主役になるようなユニークなパンツスタイルがポイントだ。

アウターは定番からスポーティーまで。MA-1はアームホールが太いボックスシルエットで、素材にはウールを使用したユニークな一着。ミリタリーウェアながら、上品な雰囲気を醸し出している。また、ジャケットにはアクセサリー感覚の大きなピンがついており、色違いのチェンジボタンで違った表情を楽しむことができる。

そんなウェアのフォルムはどれも、ウルらしい身幅広めのビックシルエット。シャツやコートは落ち感があり、着ることで美しいラインが浮かび上がる。さらに、遊び心のある仕掛けも。アウトドアアウターは、裾についたドローコードを絞ることでショート丈のブルゾン風のシルエットで着こなすことも可能だ。

from https://www.fashion-press.net/news/30811