ラコステの秋冬ロングスリーブポロシャツ、選べる全6色のカラーで”優美な大人”を演出

ポロシャツの生みの親「ラコステ(LACOSTE)」から、秋冬に向けたロングスリーブポロシャツが、全国のラコステ店舗とラコステ e-shopにて発売される。

ラコステ85周年記念商品として春夏に話題を集めた“Le Paris Polo”を秋冬仕様にアップデート。さりげない上品さや、高い機能性を備えたエレガントなロングスリーブポロシャツだ。通常のポロシャツよりスリムにデザインすることで、オン・オフを問わずに大人の雰囲気を仕立て上げる。

ミニピケという半伸縮性素材を使用することで、着心地の良さを高めながらも、アイロンいらずという機能性も兼ね備えている。カラーは、白・黒・緑・茶・ネイビー・グレーと6色揃えて販売する。

オン・スタイル

ジャケットとのコーディネートでは、半袖に比べて腕のラインを美しく見せる。隠しボタンで台襟付きなので、襟が崩れにくく、ネクタイ、スカーフとの相性もいい。

オフ・スタイル

胸回りを2cm、胴回りを3cmほど狭めて通常のポロシャツよりスリムなシルエットでデザイン。Gジャンやベストなどカジュアルな服とのコーディネートでも、上質感や清潔感を加えてくれる。

他にもクラシックフィット、スリムフィットなど定番のロングスリーブポロシャツにも新しいカラーの商品が登場予定。機能やデザインを追求したアイテムとして、秋冬コーディネートを十分に楽しめる。

from https://www.fashion-press.net/news/42881

アンダーカバー×タカヒロミヤシタザソロイスト.限定ストアを伊勢丹新宿店で、限定フーディ&Tシャツ発売

アンダーカバー(UNDERCOVER)とタカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.)のコラボレーションによるアイテムが登場。2018年10月3日(水)から9日(火)の期間、伊勢丹新宿店メンズ館にて開催される「ピッティ・イマージネ・ウオモ・ウオモ 93@イセタンメンズ」限定で販売される。


22,000円+税

アンダーカバーとタカヒロミヤシタザソロイスト.は、2018年1月に開催された第93回ピッティ・イマージネ・ウオモにて、ゲストデザイナーとして初の合同ショーを開催。それぞれのデザイナーである高橋盾と宮下貴裕は以前より気の知れた仲。彼らは事前にテーマのみを共有していたという。それぞれに「order/disorder」と「disorder/order」という言葉を掲げてコレクションを発表した。

今回のコラボレーションでは、その「order/disorder」と「disorder/order」のもと、アンダーカバーとタカヒロミヤシタザソロイスト.の両ブランドが各々製作したアイテムを展開する。


22,000円+税

アンダーカバーからは、両ブランドのロゴ、映画『2001年宇宙の旅』に登場するモノリスのモチーフと「disorder/order」のロゴをそれぞれ表裏にプリントしたリバーシブルTシャツが登場。表と裏のカラーには対照的なホワイトとブラックが採用された。


41,900円+税

一方のタカヒロミヤシタザソロイスト.は、クリアプリントのTシャツ、スウェット、フーディを展開。オリジナルファブリックを素材に用いたオーバーサイズのボディに、“U ARE THE SOLOIST.”のスペシャルロゴが配される。

from https://www.fashion-press.net/news/43510

MHL.×アーバンリサーチの”秋色”Tシャツ、ロゴ入り胸ポケットが印象的なロングスリーブ

MHL.(エムエイチエル)とアーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)がコラボレーションした別注ロングスリーブTシャツが、ユニセックスで登場。2018年8月上旬より、アーバンリサーチの限定店舗などで販売される予定だ。

 

アーバンリサーチで毎年好評を博しているMHL.の別注半袖Tシャツ。2018年秋はそんな定番アイテムが長袖になって展開される。Tシャツはシンプルながらも、胸元のポケットに「MHL.」のロゴを配したデザインが印象的だ。

アーバンリサーチだけの特別なカラーとして、ベーシックなホワイトに加え、秋らしいラスティブラウンと深みのあるディープグリーンを用意。また、ユニセックスとして着用できるよう、SからXLまで豊富なサイズを取り揃えている。

from https://www.fashion-press.net/news/41477

ビームスとブルーノートのコラボアイテム、30年間の公演の名が刻まれたコットンシャツなど

ビームス(BEAMS)より、ブルーノート東京のオープン30周年を記念したコラボレーションアイテムが登場。2018年11月下旬より、ビームス ジャパンなどで発売される。


ブルゾン(S~XL) 9,000円+税

ブルーノート(Blue Note)は、ニューヨークのブルーノートに本店を構えるジャズ・クラブ。ブルーノート東京は、1988年11月のオープン以来、ジャズをはじめとする多様な音楽ジャンルのトップアーティストらが出演し、東京の大人たちの夜を彩ってきた。


キャップ 5,500円+税

今コラボレーションでは、4つのアイテムがラインナップ。ビームスのオレンジ色でブルーノートの頭文字“B”のワッペンを左胸に施したシンプルなネイビーのブルゾンや、袖口にオリジナルのピスネームを配したベーシックなボーダーシャツ、ロゴ入りのクラシックなウールキャップを用意。


シャツ(S~XL) 12,000円+税

さらに、これまでの30年間にブルーノート東京で開催された公演の名称がプリントされたテキスタイルを使用した両胸ポケットのコットンシャツなどが登場。ビームスとブルーノートならではのシンプルで遊び心のあるデザインとなっている。

from https://www.fashion-press.net/news/44678

NAOTOにインタビュー「スタジオ セブン」中目黒に路面店、ショップ限定Tシャツも

NAOTO(EXILE / 三代目 J Soul Brothers)がクリエイティブディレクションを務めるスタジオ セブン(STUDIO SEVEN)初となる路面店「スタジオ セブン 中目黒(STUDIO SEVEN NAKAMEGURO)」が、2018年12月8日(土)東京・中目黒にオープンする。

中目黒に初の路面店

2015年のブランドデビューから、3年が経過するスタジオ セブン。節目の年を迎えてオープンする路面店の地には、NAOTO自身思い入れのあるという中目黒が選ばれた。背の高い塀でハンガーラックが隠されたショップは、中に入るまで何が陳列されているか分からない、ミステリアスな構造が特徴。一歩店内に足を踏み入れると、そこにはホワイト一色で統一されたミニマルな空間が広がっている。

その内装を担当したのは、NAOTOと親交が深いことでも知られるNIGO。天井の蛍光灯や床には、シルバーの「7」を連想させるデザインがあしらわれており、その随所にブランドの世界観を落とし込んだ拘りを感じることができる。

Tシャツなど限定アイテム

Mr.Confused Exclusive Tee 7,500円+税
Mr.Confused Exclusive Tee 7,500円+税

店内には、常時幅広いラインナップを用意。オープン日には、NAOTOが産み出したアイコンキャラクター「Mr.Confused」をあしらったパーカーやTシャツ、バッグといったショップ限定アイテムが販売される。Tシャツはシンプルなデザインと、さらりとした肌触りの良さが魅力だ。また近日には、ヒューマンメイド(HUMAN MADE)とコラボレーションしたショップ限定アイテムも展開される予定だ。

NAOTOにインタビュー

スタジオ セブン立ち上げから3年。今店舗をオープンしようと思った理由を教えてください。

ここに狙いを定めていたわけではなく、色々な条件が揃って、ベストタイミングだと思えたので、オープンに踏み切りました。中目黒でいつかやりたいとは思っていたのですが、まさかこんなに早く良い物件と条件が揃うとは思っていなくて…。良い条件が揃うのって巡り合わせだと思うので、「今だ!」と思いました。

元から店舗をオープンするなら中目黒に決めていたのでしょうか。

そうですね。1店舗目は自分たちのホームタウンである中目黒がふさわしいかなって。

店舗空間はどのように構想したのですか。

内装はNIGOさんにお願いして、お任せしています。NIGOさんには、「お店に来て、楽しんでもらえるような感じに」とお伝えしました。僕が考えていたような、楽しい雰囲気を作るのはNIGOさんの得意技だと思ってはいたのですが、完成した店舗は、自分の想像の上の上を行く出来上がりになっていました。

店舗限定のアイテムは今後も発売していくのでしょうか。

そうですね。ここでしか手に入らないものを常に展開していきたいです。

立ち上げ当初から店舗オープンに至るまで、様々な取り組みを行ってきたと思います。ブランドへの向き合い方はどのように変化しましたか?

昔よりも肩の力を抜いて楽しみながら物作りできているような感じがあるかな。前はもっと気合いが入りすぎていたというか。「絶対に良いもの」「みんなに評価されるもの」を作ろう、みたいなことを考えていました。でも今は、洋服だけではなく、ライフスタイルの中に取り込んでいけるようなものも含めて、作りながら自分自身がワクワクできていると思います。

ブランドをディレクションしていく中でご自身のファッション観に変化はありましたか。

あまりファッションに対する考え方は劇的には変わっていないです。でも、洋服に限らず色々なことに影響を受けているとは思います。

物作りのインスピレーションはどのようなものから得ているのでしょうか。

僕は普段から、幅広い分野のことに興味を持っています。洋服だけではなく、衣食住すべてにおいて、何かハマると追求したくなるタイプなんです。人間の生活において欠かせない衣食住の要素がクロスオーバーして、インスピレーションの源になっていると思います。自分の年齢や、経験を増していくにつれて、興味範囲も広くなってきているように感じています。

衣食住のなかでも、具体的にはどのようなことに興味を持たれているんですか。

“食“は常に興味を持っていますね。いつかスタジオ セブンを通していい落とし込み方ができたらいいなあって考えています。自分が好きで、突き詰めていったものを形にできたら嬉しいですよね。自分が面白いと思っていることを、いつもスタジオセブンを楽しんでもらっている方にも感じてもらいたいです。

from https://www.fashion-press.net/news/45242

覆面芸術家・バンクシーのグラフィティアートをプリントした限定Tシャツ&スウェット

覆面芸術家・バンクシー(Banksy)のグラフィティアートをモチーフにした限定Tシャツ・スウェットが、ブランダライズド(BRANDALISED)より登場。2019年1月より、ジョイント ワークス 新宿店にて発売される。


Lizzie Stardust T-SH、Flower Bomber T-SH、Laugh Now T-SH
各5,400円+税

社会風刺的なグラフィティアートを世界各地にゲリラ的に描くことで知られるバンクシー。2018年10月には、サザビーズオークションで自身の作品をシュレッダーにかけ、話題を呼んだ。


Lizzie Stardust SWEAT、Flower Bomber SWEAT、Laugh Now SWEAT
各8,900円+税

今回登場するのは、《Lizzie Stardust》《Flower Bomber》《Laugh Now》の3作品をそれぞれのフロントにプリントしたTシャツとスウェット。いずれも、風刺の効いたシンボリックなモチーフが、アイキャッチなデザインとなっている。

from

https://www.fashion-press.net/news/45806

マーク ゴンザレス×ボンジュールレコード、ロゴやキャラクターデザインのTシャツや サコッシュなど

マーク ゴンザレス(MARK GONZALES)とボンジュールレコード(bonjour records)のコラボレーションアイテムが登場。2019年2月8日(金)よりボンジュールレコード代官山店、ルミネ新宿店、福岡パルコ店にて発売される。

これまでアトモス ラボ(ATMOS LAB)やディッキーズ(Dickies)とコラボレーションをしてきたマーク ゴンザレスが今回タッグを組むのは、ジャンルや国籍を問わず様々なグッズを取り扱うセレクトショップ・ボンジュールレコード。コラボレーションアイテムは、“ミュージック”を想起させるアートを中心にデザインされた。


ロングスリーブTシャツ 9,800円+税

ラインナップされるのはTシャツやサコッシュ、スリップマット、マグカップといったグッズたち。いずれもホワイト、ブラック、ブルーといったシンプルなカラーを基調に、アイコニックなロゴやキャラクターがあしらわれた。


ショートスリーブTシャツ 6,800円+税

Tシャツはショートスリーブとロングスリーブの2タイプでの展開。手書き風のキャラクターがセンターに大胆に配置されたデザインのこちらのショートスリーブTシャツは、ユニークながらどこかアーティスティックな雰囲気も漂わせる一着。ボンジュールレコードとの公式ロゴと同色の、ブルーとホワイトのカラーコンビネーションもポイントだ。

from

https://www.fashion-press.net/news/46543

COS“白シャツ”のカプセルコレクション、シンプルかつスタンダードなメンズ&ウィメンズ全8型

COS(コス)より“白シャツ”のカプセルコレクション「ホワイト シャツ プロジェクト(WHITE SHIRT PROJECT)」が登場。2019年2月25日(月)よりCOS各店舗にて発売される。

 

「ホワイト シャツ プロジェクト」では、メンズ、ウィメンズ計8タイプの“白シャツ”を展開。ファッションアイテムの中でも深い歴史を持つアイテムを、3Dドレーピング技術を用いて再構築した。

いずれのタイプもタイムレスに長く着られるよう、シルエットはシンプルかつスタンダードに設計。上質なテーラリングにエフォートレスなスタイルを掛け合わせ、伝統的でありながらモダンな雰囲気に仕上げた。

素材にはコットンポプリンやシアサッカーの生地を用い、各々のタイプで異なった表情を演出。様々なシーンで着ることの出来る上質で個性豊かな“白シャツ”となっている。

from

https://www.fashion-press.net/news/47309

ハフ×『ポパイ』ポパイたち融合したロゴTシャツやウィンピー&ハンバーガー総柄シャツなど

ハフ(HUF)から、『ポパイ(POPEYE)』90年を記念したコラボレーションアイテムが登場。2019年3月9日(土)より、ハフ フラッグシップ ストアなどで発売される。

今回のコラボレーションでは、『ポパイ』のオリジナルイラストに、ハフのロゴを融合させた。水兵・ポパイはもちろん、彼女のオリーブ、ハンバーガー中毒のウィンピーたちも登場する。

 
POPEYE TRENCH JACKET 25,800円+税

アイテムは、ヴィンテージのミリタリールックから影響を受けたトレンチジャケットや、ミントカラーにウィンピーとハンバーガーを配した総柄シャツ、スケートボードに乗ったポパイのモノクロフーディなど。


POPEYE SPINACH TT S/S TEE(NAVY) 6,000円+税

また、ポパイやオリーブを描いたTシャツが多数ラインナップするほか、それらと一緒に合わせたいハットやソックスなども用意。缶オープナーキーチェーンや、アイテムに使用されたグラフィックのステッカーセットといったユニークなアイテムも見逃せない。

from

https://www.fashion-press.net/news/47821

タカヒロミヤシタザソロイスト.の伊勢丹新宿メンズ館限定Tシャツ、アイコンロゴをアレンジした1着

タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.)の限定Tシャツ「I AM THE SCIENTIST. tee.」が登場。タカヒロミヤシタザソロイスト. 伊勢丹新宿メンズ館の店舗限定で、2019年3月16日(土)より発売される。


14,900円+税

今回登場する限定Tシャツはショートスリーブとロングスリーブの2タイプ。各タイプともブラックとホワイトの2色で展開される。


17,900円+税

伊勢丹新宿メンズ館のリモデルオープンを記念して作成したTシャツには、“I AM THE SCIENTIST.”のロゴをフロントに配置。ブランドを象徴する“I AM THE SOLOIST.”のセンテンスにアレンジを加え、スペシャルな一着に仕上げた。

また、各タイプのスリーブにはブランドネームをプリント。シンプルなレタリングが映えるアイコニックなデザインとなっている。

from https://www.fashion-press.net/news/48073