コム デ ギャルソン・オムプリュス 2019年春夏コレクション – ストリートに対抗する“クレイジースーツ

コム デ ギャルソン・オム プリュス(COMME des GARÇONS HOMME PLUS)の2019年春夏コレクションが、2018年6月22日(金)にフランス・パリで発表された。

ストリートに対抗するテーラードの提案

テーマは「クレイジースーツ」。ストリートの流れが大きくなる昨今、川久保玲があえて提唱したのはテーラードだった。ジャケットとスラックスでつくるフォーマルスタイルを、今季の構想のもとにしている。しかし、コム デ ギャルソン・オム プリュスのフィルターを通すのだから、真っ当なわけがない。

モデルたちが身につけるスーツの中、最も象徴的だったのは、身頃全体にギャザーを寄せ集めたデザイン。インダストリアルな素材を掻き混ぜつつ、既成概念を取り壊した。そして、ギザギザしたオーガンザを羽のように、小さな花びらを幾枚もかき集めたようなもの、タコの足のように短冊状に切り取られたテキスタイルをレイヤードしたものなど、あげればきりがない程にスーツのこれまでのあり方を考えると“おかしな”部分が多いのだ。

男性のステイタスであるスーツなのに、フェミニンな要素も重要。レイヤードしたメッシュ素材には、花の刺繍を巡らせた。さらに、ネイビーの総レースには数字を散りばめて、さらにジャケットからボトムスまで全体にギャザーを寄せている。一方で、ポップなマルチボーダーやカラフルなチェック柄、ボタニカルなジャカードなど楽しいラインナップも揃った。

ツーピースだけが奇想天外なわけではなくて、インナーに着るシャツもフロントの一部が半円状に解体されているなどのクレイジーパターン。シースルーやキュプラなどで、素材にも一癖加えた。また、装飾としてスーツにプラスしたアクセサリーが最もアバンギャルドで、さびかけた鎖に動物の口が大小様々にあしらわれている。

それを着るモデルたちは皆、ピシッと決めきっているのだが、髪の毛はカツラだしどこかちぐはぐ。でも、身につけるのは、素材、パターン、ディテールすべてがクレイジーなスーツだから、むしろクレイジーな男性の方が着こなせるわけで、彼らにはぴったりなのだ。

from https://www.fashion-press.net/news/40820

ザ・ロウより初のメンズウェア – 高いテーラリング技術で作られたスーツやコートなど

ザ・ロウ(THE ROW)は、初のメンズウェアコレクションを発表。2018年10月より、正規取扱店及び一部卸売店にて展開される。

 

ウィメンズコレクションと同様に、メンズコレクションにおいてもクラフトマンシップ、類を見ない上質なファブリック、高いテーラリング技術を落とし込んだアイテムを展開。80年代から90年代にかけてのオーセンティックでミニマルなマスキュリンスタイルと、伝統的な注文服をハイブリッドしたスーツを中心に、コート、ジャケット、シャツ、ニットウェア、デニム、Tシャツなどを揃える。

 

特にスーツは、よりリラックスして着用できるノーベントのシングルブレステッドスーツや、現在では珍しいハイライズかつストレートレッグのトラウザーなど、独自のピースを提案する。

また、テーラードのアイテムは、精密でラグジュアリーな構造を実現するために、日本で作られている。さらに、シャツはフランス、ニットウェアはイタリア、デニムやTシャツはアメリカと、アイテムごとに、良質な素材や優れた技術のある場所で生産されている。

from https://www.fashion-press.net/news/42543

ローブス&コンフェクションズ オム 19年春夏コレクション – “ズートスーツ”でスウィング

ローブス&コンフェクションズ オム(robes&confections HOMME)の2019年春夏コレクションが発表された。

40年代に流行した“ズートスーツ”からインスパイア

1940年代に黒人ミュージシャンたちが着用し、流行を生み出した“ズートスーツ”から発想した今季のコレクション。丈を長く設定したテーラードジャケットに、波打つようなドレープ感のワイドパンツを合わせた“ズートスーツ”は、その極端なフォルムが型破りな空気感を感じさせる。

伊カルロ・バルベラ(CARLO BARBERA)社製のシルクリネンウールなど、ラグジュアリーな素材で仕立てたルーズフィットのスーツは、風変りでありながらも、思わず目を引くようなオーラを放つ。無地だけでなく、グラフチェックやストライプの生地も採用し、デザインもシングルとダブルを用意する。

ボールドストライプのワイドパンツなど

ダイナミックなボールドストライプのパンツは、一見カジュアルだがジャケットにコーディネートすることでクラシカルな佇まいに。それでいて、ジャズミュージックのスウィングした旋律を思わせる自由なマインドも持ち合わせている。ペルーの高品質なピマコットンジャージーで仕立てたカットソーもまた、インパクトのある存在感を見せる。

開放感のある白黒アロハプリント

白黒のみで表現した花柄アロハプリントのシャツやパンツは、ゆとりのあるリラックスしたシルエットに仕立てられている。オープンマインドかつ自然体でありつつも、自身のスタイルを貫くところは貫く、というような強さを感じさせる。

軽快なキリムモチーフ&ドット

また、浮遊感のある色彩鮮やかなパッチワークキリムプリントや転写のドットプリントを施したパンツも登場。光沢感のあるプレーンなシャツと合わせることで、軽快ながらも気品のあるスタイリングに仕上げている。

from https://www.fashion-press.net/news/44654

HaaT(ハート)から、職人技術で“黒”の魅力を生かしたジャケットやワンピースなど発売

イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE INC.)が展開するブランド、HaaT(ハート)の2014年春夏コレクションのUltimate Blackシリーズが、2014年2月1日(土)から展開。

さらに2月12日(水)から2月17日(月)の期間、伊勢丹新宿店には通常の売り場に加え、期間限定プロモーションスペースで拡大展開する。

究極の黒にこだわった今回のシリーズは、京都の職人が、黒の中の黒を追及し発展させてきた深黒加工を、HaaTならではのテキスタイルとデザインにのせて提案したもの。

江戸時代より礼装とされてきた黒紋付は、職人たちが染めの黒さを競ってきたという。ひとりの職人が誤って卵をこぼした部分が、より深く染まったことから生まれた技法「深黒」は、今では世界最高レベルに認められた日本の黒染めの技術。「EGG」をテーマにしたHaaTの2014年春夏コレクションならではのエピソードだ。

古くから伝わる黒染めの技法を生かしたアイテムは、ワンピース、ジャケット、カーディガン、パンツなど幅広いアイテムが販売される。価格帯はは57,750円から71,400円。

from https://www.fashion-press.net/news/9385

プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケ、祭を描いたワンピースやトップス発売

 
左) VILLAGE FESTIVAL パーカ  39,000円+税、FLUFFY PLEATS パンツ 21,000円+税
右) JAGGED トップス 17,500円+税、パンツ 9,000円+税

2015年2月5日(木)、プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケ(PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE)から、新作アイテムが発売する。

「VILLAGE FESTIVAL」は、どこかの村で開催された祭りが描かれ、村民たちの活気ある雰囲気が表現された鮮やかなデザインだ。Tシャツ、パーカー、ワンピ―ス、スカートの全5種がラインナップ。

「JAGGED」からは、トップスやスカート、ワンピースなど全7種のアイテムが揃う。ブラック、レッド、ブルーなどのカラーを用いた、特徴的なギザギザ柄がポイントだ。

また毎月登場する「MONTHLY COLORS」からは、中東の人々の洋服からインスピレーションを得た、サルエルパンツなど個性的なアイテムが揃う。「RIB PLEATS」からも新型のワンピ―スが登場するので、見逃さないで。

from https://www.fashion-press.net/news/15017

「パドカレ」がパリ店オープン記念の限定アイテムを発売 – ワンピースやストール、バッグなど

 
左) コットンモダール天竺 Paris 街並みプリント Tシャツ 7,560円(税込)
右) レーヨンサテン Paris Map プリントブラウス 17,280円(税込)

パドカレ(pas de calais) がフランス・パリの北マレ地区に2015年9月30日(水)、新たにショップをオープンする。これを記念して「Paris Edition Collection」が登場。限定アイテム5型が日本全国のパドカレ店舗にて9月11日(金)より発売される。

パドカレは、1998年に誕生した日本のファッションブランド。ナイーブでどこか懐かしいエッセンスを、モダンでカジュアルなデザインに加え、自然素材による優しくコンテンポラリーな世界観を創り出している。

本コレクションでは、ワンピース、ブラウス、Tシャツ、バッグ、ストールを展開。パリの街並みや、住所、地図などが、まるでデッサンのようにプリントされている。

from https://www.fashion-press.net/news/18866