HaaTの「ORJ」から新作、キルティング刺繍コートやワンピース – 青山含む3店舗でイベント開催

HaaT(ハート)のORJから、2018年秋冬シーズンの新作が登場。

 

「ORJ」は、HaaTの趣旨とは異なる視点からつくられた新ライン。実用的で現代的な日常着を目指している。グレーやブラックなどの落ち着いたカラートーンと「Less is More」な無駄を省いた美しいシルエットが特徴的で、着やすく動きやすいジャージー素材をメインに用いている。

2018年秋冬シーズンでは、ミニマルなシルエットやトーンはそのままに、軽量なキルティング刺繍のコートなどを提案。ソフトな高密度のナイロンタフタに、中綿を挟み込んだキルティング素材は、薄く軽量ながらも防風性に優れて温かい。スタンドカラーやウエストのリボン、そしてポケットなどディテールにもこだわった1着だ。そのほか、もちろん「ORJ」ならではのジャージー素材を用いたトップスやパンツ、そしてソフトな風合いのワンピースなども揃っている。

なお、HaaT/ AOYAMA、ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE / SEMBA、ISSEY MIYAKE / KOBEの3店舗では、新作を品揃え豊富に紹介するイベントを開催。新作の販売以外にも、これまでの完売商品を集積し、拡大展開する。

from https://www.fashion-press.net/news/43261

コメントを残す