モトヒロ タンジ 2017-18年秋冬コレクション – ニットの世界で表現する、水面が捉えた自然

モトヒロ タンジ(Motohiro Tanji)の2017年秋冬コレクションが、2017年3月21日(火)に渋谷・ヒカリエで発表された。

逆さ富士。これをインスピレーション源とした今シーズンのテーマは「Reflected in the water」。誰もが日常で目にしたことがある、水面に映る自然物を投影している。

 

前後を横に回転させてつなぎ合わせたり、クルーネックを上下逆にしたり、2つのニットはある一つの境界線で区切られている。鏡面対象のデザインは無作為にも見えるほど自然で、平編みからケーブル編み、かぎ針編みまでがひとつの服に共存している。さらに、モヘアやベビーカシミア、それから繊細なウールまで体を包み込む素材は、想像にあまりあるほど豊富。

それはおそらく、自然の中の多様性を表していて、それがより明確になっているのが模様の取り入れ方だ。モトヒロ タンジがランウェイでこれまで見せてきたのは、あくまでホワイトだった。そこに今シーズンは新鮮な色柄が差し込まれている。それらは刺激的なものなんかではなくて、ナチュラルで優しさにあふれている。選ばれたテキスタイルは、アーガイルやノルディック、カラーはブラックやグレー、富士を想起させるようなブルーが採用されいてる。

 

秋冬にしか見られないモトヒロ タンジのランウェイで、こんな新鮮な出会いができたことは、また1年後のクリエーションに期待せずにはいられなくなる。リメイクデニムと合わせ、これまで引き続き提案してきたデイリーに取り入れる特別なニットたち。スタイリングは変わらなくとも、クリエーションはこれからも静かに進化をみせてくれそうだ。

from  https://www.fashion-press.net/news/29734

コメントを残す