ディーゼル 2018年春夏コレクション – あらゆる文化が交差するミキシングスタイル

ディーゼル(DIESEL)の2018年春夏コレクションは、独自のミキシングスタイルがキーワードだ。

様々なカルチャーがクロスオーバー

ショートパンツやカラーライン入りのフルジップトップスなどにみられるスポーツのエッセンス。MA-1やデニムジャケットから感じられるワークスタイル。さらにロック、クラシック、フォーマルのムードと、テンガロンハットのようなモヒカンベースボールキャップによるコスチュームライクな要素など、様々なカルチャーが交わることで、オリジナルスタイルが築かれている今季のディーゼル。

アイコンデニムは“ペールトーン”に染め上げ90年代仕様に

個性的なミックススタイルの中で、光を放つのがデニムだ。ディーゼルのアイコニックなデニムは、今季90年代のムードを取り入れてペールトーンへと変身。柔らかいライトブルーのデニム地は、ショートパンツとドッキングしたロングスカートへと変わり、華やかな桃色に色付いたデニム地はジャケット&パンツのセットアップに。

ブランドロゴをあしらったメンズのジャケットも、白みを帯びたペールブルーになってどこか懐かしい表情を持ち合わせている。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/39410