創新が挑んだのアルマーニ ジャケット コピーは新しいデザイン!

2018年秋冬パリコレクションアルマーニ コピーは自分の世界を守りながらも、トキメキのあるコレクションを発表しています。今シーズンは量感たっぷりのニューバランスで作る“ジェンダーの融合”に挑みました。 どす黒いアイシャドウにメンズライクなヘアースタイル。アルマーニとバレンシアガ。コレクションをリードする2つのビッグブランドが挑んだのは新しいデザイン。アルマーニジャケットコピーのデザインをいかにエレガントに、かつシャープに収めるか‥がポイントです。

ファーストルックは白シャツにベルベットのタキシードジャケット、量感あるアニマルプリントのパンツが登場しました。シャープなのにフェミニンです。ユニフォームような胸のエンブレムが清潔感を漂わせます。白いパイピングのネイビーアルマーニ 通販ジャケット、Vネックのベストもたっぷりとタックをとったパンツと合わせています。コートやニットに使われているビロードタッチのアニマル素材はすべてフェイクです。コクーン袖のコートやブルゾンも量感を出しながら女っぽさを強調しています。羽のチョーカー、透け感のあるタトゥ柄のボディースや手袋でエレガンスを引き立てます。グリンが気になる色です。

直線的な肩に角ばった袖、ウエストは程よく絞りながらも腰を張らせたスタイルです。コクーン袖のニットやスウェットは先シーズン、デムナが自身のブランド、ヴェットモンで出したバランスです。バレンシアガでは、これがより洗練されました。アルマーニ コピーブランドシャツやパーカー、ライダースなどを重ね着した時の抜けた着こなし、ハートネックもたくさん登場しています。この着こなしはすでに他ブランドにも影響を与えているスタイルです。コクーンシルエット、肩を張り出したブランドジャケットコピー、ヒップを突き出したバスク。バレンシアガのシグネチャーラインをなぞりながら、バイカージャケットやパーカーを加えてモダンに仕上げています。クチュールテイストがぐっと身近に感じます。フロントに布を大きく折りたたむように重ねたスカートをマウンテンブーツと合わせて着てみたい。ストレートラインなのに量感を感じさせる今年らしいアイテムです。